日経メッセ > 建築・建材展 > 過去の開催結果 > 会場レポート

会場レポート

住宅・店舗・ビル用の最新の各種建材、設備機器やソフトウエア、設計・工事、関連製品・サービスなどを幅広く紹介する「建築・建材展2017」(東京ビッグサイト/東3・5・6ホール)が3月7日から10日まで開催された。今回の開催規模は、出展者数295社・団体、出展小間数764小間(過去最大)となり、会場を東3ホールにまで拡大。会期中の来場者数は昨年並みの102,695人(「建築・建材展」と「JAPAN SHOP」の合計)であった。主な見どころとなるのは、新しい住環境・商環境づくりに欠かせないデザイン性・機能性に優れた「一般建材・関連製品ゾーン」の製品・サービスをはじめ、昨年好評だった「工事現場ゾーン」、リニューアルした「木造・木質建築ゾーン」、環境分野の最新技術を紹介する「光触媒ゾーン」の3つの集中展示ゾーン。また、熊本地震により関心が高まっている耐震性や、2020年を目前にしたZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に関わるセミナーも実施された。本レポートは、会期中に興味深い出展者ブースを取材して、それらの内容を要約したものである。

(ライター・西村弘志)

「建築・建材展」と「JAPAN SHOP」の合計来場者数

日付 天気 来場者数
※カッコ内は昨年
累計
3月7日(火) 曇り時々晴れ午後一時雨 19,011人(19,276人) 19,011人(19,276人)
3月8日(水) 晴れ 25,513人(25,649人) 44,524人(44,925人)
3月9日(木) 晴れ 28,448人(29,136人) 72,972人(74,061人)
3月10日(金) 晴れ 29,723人(29,252人) 102,695人(103,313人)
合計 102,695人

▲先頭に戻る

●災害時の危険を回避し、避難時の安全を確かにする

 近年、地震や台風に加えゲリラ豪雨や竜巻といった災害も増えており、従来の構造基準やマニュアルでは対処できないようなケースも生じている。そのため、今回の展示ではこのような災害にも対応できる製品・技術やサービスへの関心が高く、多くの来場者が足を止めて説明に耳を傾けていた。

○強風によるガラスの被害を最小限に抑える樹脂膜

 気象庁のデータによると、日本で発生した竜巻の発生数は近年特に増加傾向にあるわけではないそうだが、深刻な被害がもたらされていることは事実だ。頑丈そうな鉄筋コンクリート造の建物でも窓ガラスなどの開口部に被害が集中し、一旦窓ガラスが割れると飛来物が建物内に入り被害を増幅させる。そこで、クラレが提案しているのが合わせガラス用中間膜「トロシフォル」。2枚以上のガラスの間に樹脂膜を挟み接着して一体化した合わせガラスは、万一ガラスが割れても強靱な樹脂膜により飛散することなく、雨風の浸入を防ぐ効果がある。また、遮音性・防犯性にも優れているのが特徴だ。

クラレ01    クラレ02
日本の3倍もの竜巻が発生するアメリカでも評価の高い合わせガラス用中間膜「トロシフォル」を
紹介していたクラレのブース(左)。
用途に応じて遮音性能や透明度を変えることができ、
カラーリングにより意匠性を高めることもできる(右)。

○シンプルで軽い構造により地震の揺れに強い天井を実現

 東日本大震災をはじめとする強い地震による天井落下が問題視され、2014年には建築基準法の改正が行われた。サクシスが開発した「サクシス天井W」(2kg/m2以下)は、軽い、落ちない、壊れないという特徴を持つ耐震用落下物等防止措置軽量システム天井。軽いことにより地震の揺れの影響を受けにくいだけでなく、地震の揺れを吸収し落下しない構造を採用し、天井裏からの落下物により天井板が壊れないようネットで受け止めるしくみになっている。また、不燃性、施工性、意匠性にも優れているのが特徴だ。

サクシス01    サクシス02
気になり足を止める来場者が多かったサクシスのブース(左)。
展示用に設けられた仮設の天井内に、
野縁レールに差し込まれた軽量の天井板と落下防止ネットが見える(右)。
ブース内で、地震の揺れを想定して天井板を動かすデモも効果的だ。

○軽くて光を通しデザイン性に優れた幕による天井・壁

 地震による天井の落下は、天井材の重さとも大いに関連がある。内装用膜材料を開発しているトニーが提案する幕天井は、軽量であることから地震で万一落下しても被害は少なく、吊り下げる構造がシンプルなため一般的な吊り天井のような天井裏への落下物が少ないのが特徴。しかも、曲面への施工が容易で透光性に優れているためLED照明などとの組み合わせによる意匠性も高い。

トニー01    トニー02    トニー03
天井膜のバリエーションを展示していたトニーのブース(左)。
サイズの大きなものは途中で継ぎ合わせるが、
独自の溶着方法により光を当てると溶着部のラインがほとんど見えなくなる(中)。
プリントを施すことで、天井だけでなく壁としても利用できる光幕パネル(右)。
メッシュ素材の吸音性を生かした製品もある。

○軽量かつ吸音性にも優れたグラスウールの天井板

 商業施設や公共施設、教育施設や医療施設などでよく見かける造形用の天井板。シーレックスが開発したグラスウールの天井板は、軽量で地震に有利で、不燃性により火災に強く、吸音性に優れているため会議室や劇場などでも真価を発揮する。また、様々な形状にカッティングできることから、自由で個性的なデザインの実現も可能だ。

シーレックス01    シーレックス02    シーレックス03
シーレックスのブース(左)。
天井から吊り下げるグラスウール天井板は、
水平に吊り下げるタイプ(中)と現しの梁材のように垂直に吊り下げるタイプ(右)があり、
カラーバリエーションも豊富だ。

○電気がなくても安全に降りられるバルコニー用避難器具

 マンションなどのバルコニーには避難ハッチが設けられており、はしごを使って階下に降りる仕組みになっているが、高齢者や子供を抱えている場合は容易ではない。そこで、ナカ工業が開発したのが避難用器具「UDエスケープ」。手すりの付いた架台が階上と階下を結ぶ支柱を使って自動昇降する仕組みになっており、自立歩行できる人なら安全かつスムーズに避難することができる。人の重さと支柱内部の遠心ブレーキの働きで動作するため、電気を使用せず停電時でも避難が可能だ。

ナカ工業01
ナカ工業02
A
ナカ工業03
B

ナカ工業04
C
ナカ工業05
D
避難器具のデモを行っていたナカ工業のブース(左)。
通常の避難ハッチと同じ700mm角サイズの架台(A)。
手すりなどの付属物は、ハッチ内に収納するときにはコンパクトに折りたためる(B)。
架台ペダルを足で踏むと降下が始まり、階下に着床すると自動的に上昇し元の位置に戻るので、
階上の避難者が順次使用できる(C)。
コンセプトモデルの1,300mm角の車椅子用の架台(D)。

▲先頭に戻る

●エネルギーロスを最小限に抑える様々な断熱技術

 政府は低炭素時代を目指し、2020年までにすべての新築住宅の省エネルギー基準への適合を義務付けた。この基準を満たすのに不可欠なのが構造躯体の断熱性である。素材としては従来のものに、紙、羊毛、木質繊維などの新たなものが加わり、断熱性能の向上が図られてきた。また、構造や施工の面でも改良を加え、断熱ロスを減らす努力が進んでいる。

○間伐材を有効利用した熱容量の高い木質繊維断熱材

 木は鉄やコンクリートに比べて断熱性能が高いことはよく知られている。木の繊維は25年以上前からドイツで採用されていた技術をもとにして、北海道産の針葉樹カラマツの間伐材をチップ状にし、さらに細く繊維化したウッドファイバーを用いた断熱材を7年前に日本で開発した。ウッドファイバーの熱容量はグラスファイバーの約5倍。断熱材として大いに威力を発揮するが、間伐材の有効利用という観点からは森林整備にも貢献するため、北海道以外の産地からも供給の希望があるという。

木の繊維01    木の繊維02    木の繊維03
環境先進国ドイツで開発されたウッドファイバーを紹介していた木の繊維のブース(左)。
40mm、50mm、90mm、100mm、140mm厚のウッドファイバーが用意されているので、
使用エリアなど必要とする断熱性能に応じて選ぶことができる(中)。
クッション性に優れているため、芯材として利用した畳「Jマット」(右)。
床の断熱性能のさらなる向上にも貢献する。

○断熱・調湿・消臭・吸音機能を合わせ持つ羊毛断熱材

 設立当初から羊毛断熱材の開発製造を続けてきたコスモプロジェクト。その主力商品である「サーモウール」は100mm厚で熱抵抗値R=2.6という高い断熱性を発揮するが、調湿性能にも優れていることから防湿層を設けなくても結露しない。そのため、室内側は「サーモウール」を充填した上に石膏ボードを張ることができる。また、消臭機能によりいやな臭いやVOCを分解するとともに、吸音性能にも優れているので快適な室内環境を実現する。

コスモプロジェクト01    コスモプロジェクト02    コスモプロジェクト03
ロール状の羊毛断熱材が置かれたコスモプロジェクトのブース(左)。
間柱の間にタイプの異なる「サーモウール」が充填されていた(中)。
消臭効果を発揮する400mm角の布仕上げのタイル「林薫(りんか)」(右の左側)と
壁に取り付ける吸音材「サウンドスフィア」(右の右側)。
いずれも、意匠性に優れ、マグネットで取り付けることができるよう工夫されていた。

○高い断熱性能を実現する外張り断熱システムの施工実演

 高い断熱性能が期待できる外張り断熱システムだが、施工精度が低いと所定の性能が出ない。東邦レオは近年需要の増加しているZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に不可欠な強化外皮基準をクリアする木造用外張り断熱システム「エコサーム」を2015年から提案。同システムでは、断熱材にグラスウールとEPS(ビーズ法ポリスチレンフォーム)を併用するとともに、外壁は耐久性の高いアクリルシリコン樹脂系塗材を用いた大壁仕上げとし、さらに施工精度を高めるためにこれらの作業を同社が責任施工を行い、熱抵抗値3.40(北海道基準は3.3)を実現している。

東邦レオ01    東邦レオ02    東邦レオ03
仕上げ一体型外張り断熱システム「エコサーム」の施工実演を行っていた東邦レオのブース(左)。
透湿防水シートの外側にEPSをワッシャーで固定する工程(中)と、EPSの外側にプライマー仕上げを施し、
さらにその外側にアクリルシリコン樹脂系塗材で仕上げる最終工程をイメージした施工実演を行っていた(右)。

○マンションの土間床で優れた断熱・遮音・施工性を発揮

 マンションなどの土間床の断熱施工を確実にかつ短時間に行うには、油化三昌建材の「ネダフォーム」が便利だ。通常の床構造はコンクリートスラブの上に金属の束もしくは木の根太を設置し、その上にフローリングを張るが、同製品自体の厚みにより束や根太の役割を果たすため施工が簡単。もちろんEPSでできているので断熱性能が高く、クッション性や遮音性にも優れている。今回は、その「ネダフォーム」とコンクリートスラブの固定に発泡ウレタンを用いる乾式工法の「ネダフォームドライ」(2016年10月リリース)を新たなラインナップとして加えた。

油化三昌建材01    油化三昌建材02
50年の実績を持つ高機能床用断熱材「ネダフォーム」をベースとした製品を
紹介していた油化三昌建材のブース(左)。
「ネダフォーム」の孔から注入した発泡ウレタンでコンクリートスラブに固定する
「ネダフォームドライ」。
丸くて厚い煎餅状のものが硬化した発泡ウレタンだ(右)。

▲先頭に戻る

●建材選びに際して意匠性は重要なポイント

 建材を選ぶ際には、機能・性能、安全・安心、環境、価格など複数の要素が検討されるが、多くの人の目に触れる場所に施工するものは、やはり意匠性が大きなポイントとなる。本展示会でも、伝統文化を継承した和の趣き、金や銀の華やかさ、石や鉄の重厚な質感、リアルな写真テイストなど、様々な素材やカラーのニーズに応えられる製品が出展されていた。

○絹糸とガラスが織りなす透かしの美学を製品化

 インバウンドの影響もあり、和のテイストが建材業界にも色濃く反映されている昨今、1931年から京都で和装用白生地の製造を生業としてきた伊と香(いとこう)が提案する「絹ガラス」は、2枚のガラスをはじめとした透明な素材の間に絹織物を挟んだ合わせガラス。同社こだわりの16種類の図案、金銀のラメに加え絹本来の美しさを表す白生地を、合わせガラス、アクリルパネル、フィルムといった素材の間に織り込むことにより、16×3×3=144通りの組み合わせのデザインテイストが生まれる。商業施設だけでなく、一般の住宅でも使える家具なども製作しており、新しいニーズの開拓にも努めているという。

伊と香01    伊と香02    伊と香03
和のテイストあふれる伊と香のブース(左)。
イスに腰掛け気軽に茶道を嗜むことができる茶道立礼台(りゅうれいだい)(中)。
天板と側面に絹ガラスを用い、照明との効果による和の趣を存分に発揮している。
透ける絹織物の生地を使ったシェードやパーティションなどのファブリックもある(右)。

○ヨーロッパと日本の伝統的技術から生まれた壁紙

 ヨーロッパで誕生した金箔を使う装飾ギルディング。この技術を愛媛県内子町の手漉き和紙の伝統文化と融合させステイショナリーとして製造販売してきた五十崎(いかざき)社中が、新たに提案しているのが世界に類のない内装仕上げ用建材「ギルディング和紙壁紙」だ。サイズは幅53cmと大きくはないが、5色の金箔による艶やかさを生かしてストライプ使いにするケースが多い。ちなみに、愛媛県のコーヒーチェーンで壁のアクセントとして採用されているという。

五十崎社中01    五十崎社中02    五十崎社中03
"えひめが誇るスゴ技"として本展示会に出展している愛媛県のブース(左)。
その中の一つ五十崎社中が提案しているのは、伝統的な和柄と
華やかな金箔の輝きが創り出す斬新なデザインが特徴の「ギルディング和紙壁紙」(中・右)。

○光触媒の機能を持つ意匠性に優れた大型磁器質陶板

 光触媒ゾーン内での出展では、汚れや臭いの除去や抗菌作用、親水性による汚れ落ちや曇り止め効果を発揮する光触媒の働きに重きが置かれていた。今回TOTOが提案する「ハイドロソリッド」は、従来の光触媒技術であるハイドロテクトの機能をベースに、経年変化の美しさをデザインに取り入れた内装用大型磁器質陶板。意匠性とスケール感をアピールする展示となっていた。

TOTO01    TOTO02    TOTO03
光触媒ゾーンの中でも異彩を放っていたTOTOのブース(左)。あられ模様と金属錆を表現した「カンカ」(中)。
釉薬が生み出す陶磁器の色や質感を表現した「ムク/スズ」(右)。

○ステンレスの美しさと高級感を生かしたシステムキッチン

 建築資材や住宅設備の企画開発と販売を行うサンワカンパニーが、今回メインと位置づけ出展したのはバイブレーション仕上げと呼ばれる無方向性のヘアーライン仕上げのステンレス製システムキッチン。独特の鈍い光沢が高級感を醸し出している。他にもビンテージ感を演出するために木を用いたものや日本では珍しいタイルを使用したものなど、素材の違いによるシステムキッチンを提案していた。

サンワカンパニー01    サンワカンパニー02    サンワカンパニー03
テイストの異なるシステムキッチンを展示していたサンワカンパニーのブース(左)。
バイブレーション仕上げのステンレス製システムキッチン「グラッド45」(中)。
2016ミラノサローネに出展したコンパクトキッチン「セラジーノ」(右)は、
イタリアタイルを用いて構成されている。

○印刷のノウハウを生かして生まれた壁・床材

 創業89年の総合印刷会社である金羊社は、長年培ってきた印刷技術を生かして2015年10月からプリントタイル「CRIOS」をブランド化し販売を始めている。タイル、塩ビ、カーペットの3種類の素材の上に印刷を施すもので、同社がストックしているデザインから選べるセミオーダーの「CRIOSオリジナルプリントタイル」と、自由なデザインを選べる完全オーダーの「特注プリントタイル」を用意。小ロット、短納期、低価格で提供できるため、店舗用での需要が多いという。

金羊社01    金羊社02    金羊社03
床・壁の素材に印刷を施せる「プリントタイル」を提案する金羊社のブース(左)。
タイル(中)はもちろん、塩ビやカーペット(右)にも印刷できる。
写真もプリントできるので、オリジナルでインパクトの強いデザインが可能。
カーペット素材は壁材として用いれば、温もりを感じさせる空間が生まれる。

▲先頭に戻る

●現場ならでは柔軟な対応が必要とされる

 建築の工程は「設計」、「施工」、「メンテナンス」に大別されるが、「施工」や「メンテナンス」の現場では想定外のこともしばしば発生する。そのような現場で必要とされるのはフレキシブルな対応力。本展示会でも現場力がものをいうことをアピールしている出展者が見受けられたので紹介しよう。

○遠隔操作で床下空間を点検するロボット

 日本の住宅メーカーの年間着工棟数では長年上位を占めてきた大和ハウス工業。多くの信頼を勝ち取ってきた裏には、定期点検やメンテナンスにも力を入れていたことがうかがえる。今回出展した狭小空間点検ロボット「モーグル」は、狭く、暗く、動きにくい床下空間でも隅々まで点検することができるため、作業者の負担の大幅低減を実現した。さらに、モニターに映し出された点検の様子を施主も確認できる「見える化」を図ることで、不信感を払拭することができ、リフォーム時の提案にもつながるというメリットも。今後は、2018年に改正される見込みの宅地建物取引業法でのホームインスペクションにより点検ロボットの需要が増えると考えられており、リースだけでなくスポットのレンタルも検討しているという。

大和ハウス工業01    大和ハウス工業02    大和ハウス工業03
狭小空間点検ロボットの他に、ロボットスーツなど現場で役立つアイテムを展示していた
大和ハウス工業のブース(左)。
5年の歳月をかけて開発した「モーグル」は、当初は自社の点検用として稼働していたが、
2012年から社外にも販売している(中)。
搭載されたカメラの映像はリアルタイムでPCのモニターに映し出され、点検の制度が向上した(右)。

○ハニカム構造により吸音効果を発揮する防音パネル

 建設工事現場で活躍するコンプレッサーや発電機などの振動や作業音は、近隣の環境に影響を及ぼさないようカバーなどで覆って遮音したい。しかし、熱を発生するものは上部を開口するなどして熱を逃がさなければならず、振動や騒音も開口部から漏れ出してしまう。岐阜プラスチック工業では、同社のハニカムサンドイッチパネル「テクセル」の表面に微細な開孔を設けて吸音性を高め、さらに遮音シートを組み合わせることで遮音性も向上させた防音パネル「セイント」を開発した。これにより、75dBの騒音が60dBにまで低減。軽量で設置も容易で、工事現場だけでなくオフィスに設置すれば情報漏洩を防ぐ効果もあるという。

岐阜プラスチック工業01    岐阜プラスチック工業02    岐阜プラスチック工業03
騒音の低減効果をデモンストレーションしていた岐阜プラスチック工業のブース(左)。
音源を囲んでいるパネルが、音を吸収しやすいハニカム構造になっていることがわかる(中)。
防音パネル「セイント」は音を反射しにくいため、上部の開口から音が漏れにくい(右)。

○短工期で排水管を再生させるパイプインパイプ技術

 マンション共用部分の修繕工事の中でも配管に関わるものは住民の日常生活を妨げることなく行いたいものだ。マルナカが提案している「マルライナー工法」は、老朽化した排水管を洗浄した後、管内にエポキシ樹脂の塗膜により新たなパイプを形成する技術。1日目に管内のクリーニングなどの準備工事を行い、2日目に塗膜を形成し、3日目に復旧作業を行うという工程で排水管を更生させるため、排水制限は1、2日目のほぼ日中に限られ、居住者の不便を最小限に抑えることができる。

マルナカ01    マルナカ02    マルナカ03
パイプインパイプ技術をアピールするマルナカのブース(左)。
老朽化した排水管には錆がこびりついている(中)。
エポキシ樹脂の塗膜を形成した排水管の断面イメージ(右)。

○排水管だけでなく給水管も更生工事が必要

 配管の更生を必要とするのは排水管だけではない。傷んだ給水管のメンテナンスも必要だ。京浜管鉄工業のNPBラピッド工法は、高速空気流と研磨材を用いて給水管の錆や汚れを除去した後に防錆塗膜を施す技術。仮設の配管工事がいらず、工期は1日で済むため夕方には通水できる。

京浜管鉄工業01
京浜管鉄工業02
京浜管鉄工業03

NPBラピッド工法を紹介する京浜管鉄工業のブース(左)。
錆や汚れが付いた塩ビの給水管(右上)。
左から順に、更生工事を施す前→研磨後→防錆塗膜施工後の給水管断面イメージ(右下)。

▲先頭に戻る

●その他の興味深かった出展者

○デザイン性で差別化を図る室内用の木毛セメント板

 木毛セメント板といえば工場や倉庫などの屋根の野地板に使われている下地材のイメージが強いが、竹村工業が提案している「レノウッド」は室内用に開発された細木繊維化粧板。ヒノキの長繊維木毛とポルトランドセメントをプレスしたパネルで、耐火性、調湿性、吸音性はもちろん、デザイン性にも優れているため幼稚園などの教育施設、飲食店をはじめとする商業施設、一般住宅にも採用されている。

竹村工業01    竹村工業02    竹村工業03
意匠性に優れた木毛セメント板でデザインされた竹村工業のブース(左)。
標準の4色だけでなくオーダーできる「レノウッド」(中)。
ダイヤ形とハニカム形にあらかじめブロック化した「レノブロック」は、
マグネット付きなのでレイアウト変更が容易だ(右)。

○美しさを長期間保つことができる壁面用塗料

 ナノテクノロジーを駆使して水谷ペイントが開発した「ナノコンポジットW」は、直径が50~60nmの非常に小さなエマルジョン樹脂の塗料。耐候性、防火性に優れているだけでなく、セルフクリーニング機能により汚れの付着を防ぎ美観を長く保持する。窯業系サイディングの塗り替え塗装をはじめ、コンクリートやモルタルなどの新規塗装で真価を発揮する壁用塗料だ。

水谷ペイント01    水谷ペイント02
ナノテク外壁用塗料をアピールする水谷ペイントのブース(左)。
塗装面の状態を手で触れて確かめられるカラーサンプルが並べられている(右)。

○小さく地味だがなくてはならない存在のパーツ

 約50年にわたり、階段の滑り止めや床の床材押さえ金物(見切り材)を提供してきたアシスト。これらの製品は施工現場での最終工程で設置されることが多く、短納期が求められるため豊富なバリエーションとクイックデリバリーなどの即納体制にも対応している。近年は、LEDや蓄光材を組み込んだ視認性の高い製品の開発にも力を入れているという。

アシスト01    アシスト02
様々なアイテムを展示しているアシストのブース(左)。
ホテルなどの階段に使用される真鍮製の装飾パイプとフットサル受け(右)。

○軽くて巻き取れるシート状の太陽電池

 繊維基材、高分子材料などの素材に防水・防炎をはじめとする加工を施している平岡織染。本展示会で提案していたテントシートに太陽電池を組み込んだ「ソーラーターポ」は、シート状なので軽くて曲面などの形状にも対応できるため、オーニングやビニールハウスにも設置できる。

平岡織染01    平岡織染02    平岡織染03
太陽電池シートを提案する平岡織染のブース(左)。
シート状なので曲面にも設置でき、ロールにして運搬・保管が可能だ(中)。
参考出品としてBXテンパルのオーニングに設置した例(右)。

○産業廃棄物の瓦廃材から生まれたリサイクル製品

 もっぱら埋め立てに使用されてきた瓦の廃材のリサイクルに取り組んできたエコシステム。瓦の廃材を骨材化した後にセメントと特殊な混和材により固化することで生まれた「K-グランド」は、多孔質なため透水性・保水性が高く、環境にやさしい舗装として用いられている。また、表面を滑らかに磨いた「瓦テラゾーブロック」はデザイン性に優れているので、ロビーやホールに適した製品だ。

エコシステム01    エコシステム02    エコシステム03
瓦の廃材のリサイクルに力を入れているエコシステム(左)。
カラーバリエーションが豊富な舗装材「K-グランド」(中)。
表情が美しく内・外装の床材として使用できる「テラゾータイル」(右)。

▲先頭に戻る

PAGE TOP