連載コラム

(2015年12月24日)

[ 2015年12月24日 ]

メンテナンスしやすい設備用パッケージエアコン

 「ファシレアDD」は、従来型のプーリー・ベルト駆動方式(モーターの動力をベルトで伝える方式)ではなく、室内機のモーターとファンインバーターを直結制御するダイレクトドライブ方式を採用した。これにより、プーリー(滑車)とベルトの交換作業が必要なくなり、メンテナンスが容易になった。

(2015/12/24)

偽装再発防止のため杭施工管理指針を作成、日建連

 日本建設業連合会(日建連)は12月22日、杭工事のデータ偽装の再発防止のため、「既製コンクリート杭施工管理指針」をまとめた。杭工事管理者が施工報告書を毎日、元請けの建設会社に提出を求めるなど、既製コンクリート杭の設計や施工、品質管理に関するルールを整理。会員企業による標準ルール化を目指す。

(2015/12/24)

床スラブの厚さを変更すれば梁も調整するBIM

 オートデスクは、ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)アプリケーション「Revit 2016」の最新アップデート版「Revit 2016 R2」を2015年10月22日にリリース。サブスクリプション契約者に向けた無料提供を開始した。ファイルへの書き出しスピードや画面表示のスピードが向上し、作業効率を上げるためのいくつかの改良を加えた。新機能「グローバル パラメーター」の採用により、例えば床スラブの厚さを変更した際に梁も同時に調整するなど、隣接していない要素の寸法調整が可能になった。

(2015/12/22)

既築住宅でも手軽にHEMSを導入

 日立マクセルは、既築住宅でも手軽にHEMS(家庭用エネルギー管理システム)を導入することが可能になるHEMS対応計測ユニット「HML-CTS01-L03」の受注を2015年12月1日から開始した。リフォーム時に、電力計測機能を持たない既設の分電盤に計測ユニットをつなげることで、電気使用量の測定が可能になる。またパルス発信器付きの水道メーターや流量計を追加することで水道の使用量を計測することもできる。

(2015/12/21)

3Dカメラで侵入者を検知し威嚇する

 通常の監視システムに使われる2Dカメラは平面で物体を捉えるので、光や影、雪、木の揺れなどの自然環境の変化も侵入者として検知してしまい、誤報につながるケースが多い。だが3Dカメラは検知エリアの高さも捉えるので、自然環境の変化には反応しない。また画像パターン認識技術によって人間のみを正確に検知するので、人間と同じ大きさの物体や大型犬などを誤報することはほとんどない。

(2015/12/17)

※各記事の詳細は日経BP社の建築・住宅サイト「日経アーキテクチュア」(登録制、無料)からご覧いただけます。

日経アーキテクチュア ニュース〜日経BP社の最新業界ニュース
執筆者:日経BP社

日経アーキテクチュアは、一級建築士をはじめ建設会社や行政など、建築界に携わる方々に、意匠・構造・施工などの専門領域だけでなく、建築界を取り巻く社会・経済動向から経営実務までの情報をお届けする総合情報誌・ウェブサイト。

バックナンバー

PAGE TOP