連載コラム

(2016年01月14日)

[ 2016年1月14日 ]

しっかりと閉じ、軽い力で開くドアクローザー

 杉田エースは、ハート形状のカムの働きによってドアをスムーズにしっかりと最後まで閉じる切る機能を備えた「ドルマ ハートカムドアクローザ」を販売している。ドアが閉じる間際にはトルクが高くなり、ゆっくりとしたスピードでも最後まで確実に閉め切る。ドアを開く際には、ハートカムがスピンドルと面接触することで抵抗が少なくなり、子供や高齢者など力の弱い人でも楽にドアを動かすことができる。

(2016/01/14)

BIM/CIM対応3次元CADを低価格で

 フォーラムエイト は、BIM/CIMに対応する3次元CAD「Allplan2016」日本語ローカライズ版を2015年10月26日に発売した。「Allplan」は、ドイツのCADメーカーAllplan社が開発したIFC対応のBIM/CIM 統合ソリューションだ。3D表示、レンダリング、数量計算などの機能を備え、UC-win/Roadや各種設計・解析ソフトなど、フォーラムエイトの各種製品との連携にも対応している。

(2016/01/12)

宙舞う木造個室ユニット、建築の新工法に挑戦

 重さ約1.5トンの木造個室が宙を舞い、建物ができあがっていく――。東京都足立区に建つ、特別養護老人ホーム「花畑あすか苑」の施工現場での一コマだ。中・大規模木造建築物の建設における、施工の効率化を図るための検証が行われた。居室をユニット化して施工する、いわば木造版のプレキャスト工法だ。国土交通省の2014年度木造建築技術先導事業に採択された取り組みで、三井ホームが施工を担当。設計はメドックス(東京都新宿区)。構造設計は日本システム設計(東京都中央区)が担当した。

(2016/01/12)

動画で見る10階建てRC造の壊れ方

 現在の耐震基準で建てられた集合住宅が、大地震やその後の余震でどのような影響を受けるのか――。10階建ての集合住宅を模した、振動実験としては世界最大規模の試験体が大きく揺さぶられた。鉄筋コンクリート(RC)造で、実物の8~9割程度に縮小したモデル。幅13.5m、奥行き9.5m、高さ27.45mで、重量は約1000トンに達した。

(2016/01/12)

オガールプロジェクトに最優秀FM賞

 日本ファシリティマネジメント協会(JFMA)は2015年12月21日、第10回JFMA賞の選考結果を発表した。最優秀ファシリティマネジメント賞には、公民連携の開発「オガールプロジェクト」を進める岩手県紫波町が選ばれた。このほか優秀ファシリティマネジメント賞として、みずほ銀行、鈴鹿医療科学大学、真美会中野こども病院、カルビーの4者が選ばれた。

(2016/01/07)

※各記事の詳細は日経BP社の建築・住宅サイト「日経アーキテクチュア」(登録制、無料)からご覧いただけます。

日経アーキテクチュア ニュース〜日経BP社の最新業界ニュース
執筆者:日経BP社

日経アーキテクチュアは、一級建築士をはじめ建設会社や行政など、建築界に携わる方々に、意匠・構造・施工などの専門領域だけでなく、建築界を取り巻く社会・経済動向から経営実務までの情報をお届けする総合情報誌・ウェブサイト。

バックナンバー

PAGE TOP