連載コラム

(2016年06月09日)

[ 2016年6月9日 ]

周辺環境と共生する「ポジティブエネルギー住宅」

 「Diagonal Boxes」は、冷暖房を使わずに年間を通して快適に暮らせる家を目指して設計された。東京よりも少し寒い埼玉県所沢市の気候に合わせて、採光や通風をはじめ、パッシブな手法が室内環境にもたらす効果を検証すると同時に、周辺環境へ与える影響もシミュレーションで確かめながら設計を進めた。ゼロエネルギーからさらに一歩進んだ、住宅で消費する以上のエネルギーを生産する「ポジティブエネルギー住宅」だ。

(2016/06/08)

外付けブラインド「ヴァレーマ」をスマホで制御

 オスモ&エーデルは、外付けブラインド「ヴァレーマ」をスマートフォンで操作できる新システム「Webコントロール」の販売を2016年4月に開始した。ヴァレーマは窓の外で日射を遮るドイツ製の外付けブラインド。窓から室内に入る日射エネルギーの81%を遮断するので冷房費を大幅に削減できる。電動タイプのヴァレーマの操作を無線で行うために「WAREMA Mobile System(ヴァレーマモバイルシステム、以下WMS)」がある。WMSを導入すれば、ブラインドの開閉やスラットの角度調整などの操作をリモコンで制御できる。

(2016/06/07)

ドローンでビルの外壁点検

 ERIソリューション(東京都港区)とスカイロボット(東京都中央区)は共同で、ドローンを使ってビルの外壁などを点検するシステムを実用化した。6月1日に埼玉県内の病院で、点検のデモンストレーションを行った。使用するドローンは、DJI社の製品で、26cm四方と40cm四方の大きさの2機種を使う。ドローンには画像や動画を撮影できるカメラを搭載している。カメラは可視画像を撮影するタイプと温度差を確認できる赤外画像を撮影するタイプに分かれている。1機のドローンに設置できるカメラは1種類だ。

(2016/06/03)

配線工事なしで玄関ドアがオートロックに変わる

 コマニーは、玄関のドアに後付けできる電池式オートロック錠「DECIMEL(デシメル)」の販売を2016年4月1日に開始した。電池式なので配線工事は不要。取り付けは1時間ほどだ。スマートフォンで開錠するタイプとスマートキーで開錠するタイプがある。スマートフォン仕様は、Andoroid5.0及びiOS8.4以降のOSに対応しており、スマートフォン30台まで登録が可能。

(2016/06/03)

マンションリフォームに適したシステムバスルーム

 システムバスルームは、戸建て住宅とマンションで製品のサイズが異なることが多く、戸建て住宅向けのリフォムスシリーズは、マンションへの対応ができなかった。そこで、マンション向けに改良したのが「Refoms マンションリフォーム用」だ。1116サイズ(浴室内寸1100×1600mm)から1620サイズ(浴室内寸1600×2000mm)まで、全7サイズを用意した。

(2016/06/02)

※各記事の詳細は日経BP社の建築・住宅サイト「日経アーキテクチュア」(登録制、無料)からご覧いただけます。

日経アーキテクチュア ニュース〜日経BP社の最新業界ニュース
執筆者:日経BP社

日経アーキテクチュアは、一級建築士をはじめ建設会社や行政など、建築界に携わる方々に、意匠・構造・施工などの専門領域だけでなく、建築界を取り巻く社会・経済動向から経営実務までの情報をお届けする総合情報誌・ウェブサイト。

バックナンバー

PAGE TOP