連載コラム

(2017年04月13日)

[ 2017年4月13日 ]

好みの壁紙を貼れるドア

 YKK APは、壁紙を貼ってインテリアコーディネートを楽しむことができるドアシリーズ「famitto(ファミット)」を2017年4月3日に発売した。「famitto」はアルミフレームとグルーサンドハニカムパネルを組み合わせたドアだ。グルーサンドとは、再生紙などを重ねて硬質なパネルにしたもの。水分を吸いにくい構造になっており、壁紙を貼る際に使用する水糊をつけても、木製ドアのように反り返ることがない。

(2017/04/13)

木肌を生かした奈良県産ヒノキの壁材

 朝日ウッドテックは、壁材「クールジャパンシリーズ」の新たなラインアップとして、奈良県産ヒノキを活用した「ボーダータイプ桧」を2017年2月10日に発売した。「クールジャパンシリーズ」は、天然木の木肌の美しさを生かした国産材パネルだ。節や木目、色のばらつきの個性や、時間経過とともに色合いの変化などが楽しめる。また、木が本来持つ調湿機能を最大限に生かすために、厚みを持たせたデザインになっている。

(2017/04/12)

コンパクトな壁掛けタイプのパワーステーション

 パナソニックは、コンパクトサイズで大幅な省施工化を実現した「住宅用創蓄連携システム パワーステーションS」の受注を2017年4月5日に開始した。一般的な蓄電システムは、太陽光発電用と蓄電池用のそれぞれにパワーコンディショナーが必要だが、「住宅用創蓄連携システム パワーステーションS」は1台で制御が可能だ。蓄電池に直流で直接充電するため、電力を有効に使える。

(2017/04/11)

宅配受け取り専用のロッカー

 グローリーは、宅配商品の受け取り専用に機能を絞り込んだロッカー「LEBシリーズ」の販売を2017年3月に開始した。「LEBシリーズ」は、コインロッカー事業に強みを持つ同社が、宅配商品の受け取りに用途を限定して開発したもの。防水性を備えており半屋外に設置可能で、閉店後でも商品が受け取れる。生鮮食料品向けの冷蔵ロッカーもラインアップしている。

(2017/04/10)

基礎断熱工法でシロアリ被害を1000万円まで保証

 城東テクノは、シロアリ被害のリスクが比較的高いとされる基礎断熱工法で、1000万円までの補修費用を保証する「Joto基礎断熱工法しろあり保証1000」を2017年4月1日にスタートした。「Joto基礎断熱工法」は、同社の「基礎断熱工法用気密パッキンロング」「キソパッキンまたはキソパッキンロング」「基礎断熱工法用シロアリ返し」「基礎断熱工法用断熱ブロック」の4部材を使用したもの。床下内の空気を循環させて湿気を防ぐことで、シロアリ被害が発生しにくい環境を実現する。また、万一シロアリが侵入しても、躯体に上がらないようにシロアリ返しを設けている。

(2017/04/07)

※各記事の詳細は日経BP社の建築・住宅サイト「日経アーキテクチュア」(登録制、無料)からご覧いただけます。

日経アーキテクチュア ニュース〜日経BP社の最新業界ニュース
執筆者:日経BP社

日経アーキテクチュアは、一級建築士をはじめ建設会社や行政など、建築界に携わる方々に、意匠・構造・施工などの専門領域だけでなく、建築界を取り巻く社会・経済動向から経営実務までの情報をお届けする総合情報誌・ウェブサイト。

バックナンバー

PAGE TOP