連載コラム

(2017年06月08日)

[ 2017年6月8日 ]

下にすっぽり納まる門扉

 YKK APは、住宅の外構商品シリーズ「エクスティアラ」に、門構え(アーチ)と組み合わせる門扉を新たにラインアップし、2017年5月22日に発売した。アーチの軒下まですっぽりと納まる高さの門扉。アーチ屋根や壁との一体感を醸し出すとともに、防犯性やプライバシーの確保を配慮したデザインになっている。

(2017/06/08)

ワックス不要の大型施設向けビニル床シート

 東リは、大型施設向けのビニル床シート「フロアリューム プレミアNWシリーズ」を2017年5月26日に発売した。旧シリーズを一新してノーワックス化した。一般的なビニル床シートはもちろん、ワックスメンテナンス軽減品でも、定期的なワックスメンテナンスは必要だ。「フロアリューム プレミアNWシリーズ」は、長期間ワックスメンテナンスが不要で美観が保てる。

(2017/06/07)

面で発光するLED照明

 パナソニックは、方向性のない均一な光の広がりを実現した「一体型LEDベースライト『スクエアシリーズ』スクエア光源タイプ」を2017年7月に発売する。従来の蛍光灯器具やLED(発光ダイオード)器具は発光部の形状によって、水平もしくは垂直の方向に光源の方向性があった。本シリーズは、スクエアタイプの光源ユニットを採用して面で発光するため、方向性のない均一な光が広がり、すっきりとした照明空間をつくることができる。

(2017/06/06)

和の職人技を生かしたハンドメード壁紙

 トミタは、日本の伝統的な職人技を生かした壁装材「Art Wall LEGEND II」を2017年5月15日に発売した。日本の伝統工芸の技術や素材を使ったハンドメードの壁紙シリーズ「Art Wall LEGEND」の第2弾。薄くスライスしたキリ材を一枚一枚貼り合わせて木目の美しさを見せる「桐」や、手すき和紙の繊維を生かして折りや揉み(もみ)など立体的な表情を出した「楮」、金箔や銀箔を使ったものなど、高度な職人の手仕事でつくる壁紙をラインアップしている。

(2017/06/02)

河川と建築の「接近」、法改正から20年

 水辺の環境づくりのために重要な起点となった河川法の改正から20年を迎える。建築家として河川利活用の領域を切り開いてきた岩本唯史氏に、その現在を報告してもらった。国が1997年に河川法を改正し、「河川環境の整備と保全」を法の目的として明記してから、今年6月4日で20年を迎える。この河川法における「環境」という言葉は、実は自然環境にとどまらず、歴史、文化などを含む河川にまつわる人間の身の回りのこと全般を指している。

(2017/06/02)

※各記事の詳細は日経BP社の建築・住宅サイト「日経アーキテクチュア」(登録制、無料)からご覧いただけます。

日経アーキテクチュア ニュース〜日経BP社の最新業界ニュース
執筆者:日経BP社

日経アーキテクチュアは、一級建築士をはじめ建設会社や行政など、建築界に携わる方々に、意匠・構造・施工などの専門領域だけでなく、建築界を取り巻く社会・経済動向から経営実務までの情報をお届けする総合情報誌・ウェブサイト。

バックナンバー

PAGE TOP