連載コラム

(2017年07月13日)

[ 2017年7月13日 ]

地震時に什器の転倒を防ぐOAフロア

 センクシアは、OAフロアパネルに什器(じゅうき)を直接固定し、地震時の転倒を防ぐ「ラクロック」を2017年5月30日に発売した。OAフロアパネルにアンカーボルトを貫通させて床スラブに什器を固定したり、天井や床に固定するのがこれまでは一般的だった。だが、これらの方法では工事が大がかりになり、什器のレイアウトも限られる。「ラクロック」は、OAパネルに取り付ける専用めねじアンカー「パネルアンカー」と金属製のパネル固定ナットを使って、OAフロアに什器を固定する。銅板と木製コア材で構成し、強度が高く加工性の良い「ウッドコアスチールフロア」を使用することで、アンカーボルトを使わず床材に固定することが可能になった。

(2017/07/13)

断層近くの病院守る!米国流・免震構造の設計手法

 近年、単に建設地が海外、というだけではなく、クライアントやプロジェクトチームに海外のメンバーが加わることも珍しくない。設計の思想の違いに驚かされることもあり、両者の溝を埋め、「良いとこ採り」をして成功裏にプロジェクトを進めたいと誰もが思うだろう。では具体的にどのような設計思想の違いがあるのか?今回は米国西海岸の病院プロジェクトを例に、構造エンジニアが日米の設計手法の違い、特に免震設計について解説する。

(2017/07/12)

夏場は加湿量を抑える多機能加湿装置

 コロナは、多機能加湿装置「ナノフィール」に、加湿量を抑えて夏場でも快適な運転ができる新機能を追加した。今回発売の「ナノフィール」4種は、加湿、消臭、除菌、空気清浄の性能を維持したまま、加湿量を抑えることで夏場などでも快適な運転ができる「さわやか清涼運転」を搭載した。季節に合わせて効果的に使用できるようになった。

(2017/07/11)

ベビーカー使用時も楽に開閉できる玄関引き戸

 文化シヤッターは、ベビーカーや大きな荷物を抱えていても開閉操作が楽な集合住宅向け玄関引き戸「ヴァリフェイスAe」を2017年7月1日に発売した。上吊り式の引き戸のため、開閉時に開き戸のように立ち位置を移動する必要がない。外廊下と室内の段差が小さい仕様になっており、大型のスーツケースを携行していたり、車椅子を使っていたりする場合でもスムーズに出入りできる。

(2017/07/10)

目立たない雪止め金具

 セキノ興産は、屋根に取り付けても目立たない雪止め金具「Ke-CELL(ケセル)」を2017年3月27日に発売した。横ぶき屋根専用の先付けタイプ。金属横ぶき屋根の水平ラインと調和する形状なので、取り付けても存在感がない。材質はオールステンレス(SUS304)で、サビや腐食に強い高耐しょく仕様。雪止め性能は、同社が新潟県で行った実験で従来品と同等であることを実証している。

(2017/07/07)

※各記事の詳細は日経BP社の建築・住宅サイト「日経アーキテクチュア」(登録制、無料)からご覧いただけます。

日経アーキテクチュア ニュース〜日経BP社の最新業界ニュース
執筆者:日経BP社

日経アーキテクチュアは、一級建築士をはじめ建設会社や行政など、建築界に携わる方々に、意匠・構造・施工などの専門領域だけでなく、建築界を取り巻く社会・経済動向から経営実務までの情報をお届けする総合情報誌・ウェブサイト。

バックナンバー

PAGE TOP