連載コラム

(2017年07月20日)

[ 2017年7月20日 ]

上下左右に動く「未来のエレヴェーター」、ついに完成(動画あり)

 エレヴェーターは上下にしか動かない時代が終わるかもしれない。ドイツのティッセンクルップが、水平方向にも動くエレヴェーターを完成させたのだ。ケーブルを用いずに縦横無尽に動き回る「未来のエレヴェーター」は、人の移動と建物の構造をどう変えていくのか。

(2017/07/20)

落ち葉をよける雨樋

 元旦ビューティ工業は、雨水だけを樋(とい)に取り込む「元旦内樋」を2017年7月に発売した。雨水だけが樋に流れ込むように設計した落ち葉よけが付いている。落ち葉が樋に詰まって水があふれるといったトラブルを防止し、はしごをかけるなど高所作業が伴う樋のメンテナンスの回数も減らすことができる。素材はガルバリウム鋼板で、板厚は0.5mmまたは0.6mm。耐久性が向上し、雪国の積雪にも耐える。

(2017/07/19)

8年間色落ちしにくい屋外木部用自然塗料

 シオンは、最長約8年間、色落ちがしにくい屋外木部用の自然塗料「U-OIL(ユーオイル)ウェザープロテクター」の販売を2017年7月から開始した。「U-OIL」は植物油をベースとした自然塗料。「ウェザープロテクター」は、フッ素系樹脂、高UVカット剤などを配合することで耐候性を高めた製品だ。屋外木部の塗装は色落ちすることが多く、一般的には1?2年で塗り替えなければならない。「U-OILウェザープロテクター」は、促進耐候試験の結果、2000時間(約8年間)は色落ちしにくいことを確認している。

(2017/07/18)

3人に1人が「1年以内に転職したい」

 技術系人材の流動化が進む中で、当のエンジニアは転職をどう捉えているのか。転職に何を期待し、何に不安を感じているのか――。これを探るため、日経BP社は「エンジニア転職意識調査」を実施した。IT系、電子・機械系、建築・土木系の媒体が共同でWebアンケートを実施し、各分野のエンジニア672人から回答を得た。内訳は、IT系が407人、電子・機械系が122人、建築・土木系が90人、その他が50人である。この調査結果から浮かび上がった、今どきのエンジニアの"転職観"を紹介する。

(2017/07/18)

シンクを挟んで対面で調理ができる

 トーヨーキッチンスタイルは、シンクを挟んで対面でも調理ができる新サイズの「パラレロ」を2017年6月21日に発売した。2人が横並びで料理できる「並行調理シンク」の「パラレロ」に、幅910×奥行き910mmの新サイズを加えた。サイズを拡大したことで、横並びに加えて対面での調理も可能になった。最大4人が同じシンクを使って同時に作業できる。専用のマルチプレートとまな板をセットして、調理と水切りを同時に行ったり、食器をマルチプレートに並べて調理しながら盛り付けたりすることが可能。

(2017/07/14)

※各記事の詳細は日経BP社の建築・住宅サイト「日経アーキテクチュア」(登録制、無料)からご覧いただけます。

日経アーキテクチュア ニュース〜日経BP社の最新業界ニュース
執筆者:日経BP社

日経アーキテクチュアは、一級建築士をはじめ建設会社や行政など、建築界に携わる方々に、意匠・構造・施工などの専門領域だけでなく、建築界を取り巻く社会・経済動向から経営実務までの情報をお届けする総合情報誌・ウェブサイト。

バックナンバー

PAGE TOP