連載コラム

(2017年08月03日)

[ 2017年8月3日 ]

地震を感知したら即時遮断するコンセント

 河村電器産業は、地震を感知したら即時に遮断する「感震コンセント」を2017年7月に発売した。「感震コンセント」は、コンセントに内蔵した感震センサーが震度5強以上の揺れを感知すると、接続した家電だけを即時に遮断して、地震時の電気火災を防ぐ。既存の電気配線でも設置が可能なため、リフォームにも適している。

(2017/08/03)

S字曲線の庇で自然採光

 エービーシー商会は、自然光を反射して室内に取り込める庇(ひさし)「ライシェル」の受注を2017年7月3日から開始した。「ライシェル」は採光窓と眺望窓の間に取り付けるライトシェルフと呼ばれる自然光反射庇だ。夏場は日差しを遮蔽して冷房負荷を軽減する。冬場は上面で反射した自然光を室内に取り込んで天井を照らし、室内の照度を向上させる。年間を通じて省エネに貢献するメリットがある。

(2017/08/01)

凹凸加工を施した「モイス」

 アイカ工業は、調湿や消臭などの機能を備えた内装材「モイス」シリーズに、凹凸加工を施した「モイスNTリブ」を新たに加えて2017年7月に発売した。「モイス」は多孔質の壁材で、室内の湿度が高くなると湿気を吸収し、低くなると放出して適度な湿度を保つ。また人が不快に感じるトイレや生ゴミ、ペットの臭いの原因物質や、シックハウスの原因となるホルムアルデヒドを吸着する。「モイスNTリブ」は、モイスの表面にきざみを入れ、立体的なパターンを浮かび上がらせた製品だ。光と陰影が多彩な表情を生む意匠壁として使用できる。

(2017/07/24)

なぜ着工床面積が減少してもプライスが上昇?

 契約価格の動向を示すプライス推計値では、2016年度と2017年度の境目で大きな不連続が生じた。こうしたデータから、何が読み取れるのか――。データの分析を手掛ける建設物価調査会・総合研究所の橋本真一部長に解説してもらった。

(2017/07/31)

断熱性能の高い玄関用防火ドア

 YKK APは、高い断熱性能を持つ玄関用の防火ドア「InnoBest(イノベスト)D50 防火ドア」を2017年7月3日に発売した。高性能断熱パネルを使った厚さ70mmの玄関ドアだ。枠はアルミ形材断熱構造で、採光付きデザインのガラス部分には網入りトリプルガラスを採用。熱貫流率1.81W/m2・Kの断熱性能を実現しつつ、ガラス面積を従来品の3倍とし、玄関を明るくしたいという顧客のニーズに応えた。

(2017/07/28)

※各記事の詳細は日経BP社の建築・住宅サイト「日経アーキテクチュア」(登録制、無料)からご覧いただけます。

日経アーキテクチュア ニュース〜日経BP社の最新業界ニュース
執筆者:日経BP社

日経アーキテクチュアは、一級建築士をはじめ建設会社や行政など、建築界に携わる方々に、意匠・構造・施工などの専門領域だけでなく、建築界を取り巻く社会・経済動向から経営実務までの情報をお届けする総合情報誌・ウェブサイト。

バックナンバー

PAGE TOP