連載コラム

(2017年08月31日)

[ 2017年8月31日 ]

AIで充放電を自動制御する蓄電システム

 京セラは、人工知能(AI)を搭載した同社のHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)「ナビフィッツ」と連携可能な「リチウムイオン蓄電システムEGS-ML0650」の販売を2017年8月1日に開始した。「ナビフィッツ」のAI制御(おまかせ運転モード)と連携させると、天気予測データに基づく太陽光発電量、生活パターンに基づく電力消費量をそれぞれ予測し、効率的な運転プランを選択して蓄電システムの充放電を自動制御する

(2017/08/29)

宅配便が受け取り可能なポスト

 YKK APは、不在時でも宅配便の受け取りができる「ルシアス 宅配ポスト1型」を2017年7月24日に発売した。宅配ボックスの内寸は、前入れ前出しタイプが320×378×470mm、前入れ後ろ出しタイプが320×343×470mm。重量20kgまでの荷物が受け取り可能だ。郵便ポストは内寸268×358×172mmで、メール便の受け取りもできるサイズになっている。

(2017/08/28)

巨匠コルビュジエが嫉妬した女性建築家

 戸建て住宅の設計者は、施工者が兼ねるか、または施工者の下請けになるのが一般的で、どちらかと言えば影が薄い。集合住宅や非住宅建築と土木構造物では、設計者は施工者から独立した存在であることが多くなる。なかでも建築の設計者の一部が「建築家」と呼ばれて、一般社会でも脚光を浴びる。後世に名を残すこともある。該当するのはごくごく一部の建築設計者だけであるが。そのような構造物における設計者の位置付けの多様性を、映画『ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ』(監督・脚本:メアリー・マクガキアン)を見て改めて考えさせられた。

(2017/08/28)

ZEHに対応するパワコン

 オムロンは、高出力太陽光発電システムに対応する「パワーコンディショナ『KPK-Aシリーズ』」を2017年8月に発売した。主に住宅向けとなる。「パワーコンディショナ『KPK-Aシリーズ』」は、独自の回路設計によって、太陽光発電パネルからの電流入力値を33A(4.0kWタイプ)/44A(5.5kWタイプ)に拡大した。同社の従来機種(28.5A)に比べ、より高出力化が進む太陽光発電パネルに対応することができる。

(2017/08/25)

真空断熱材を内蔵したリフォーム用断熱ボード

 旭ファイバーグラスは、高い断熱性能を備えた真空断熱材(VIP)を用いたリフォーム用断熱ボード「リフォエコVIP(ビップ)」を2017年7月21日に発売した。「リフォエコVIP」は、部屋単位で、短期間で施工できる同社製品「リフォエコ」(熱伝導率0.041W/m・K)の特徴はそのままに、熱伝導率0.004W/m・Kの真空断熱材を内蔵することで断熱性能を大幅に向上させた。同社実験値(外気温がマイナス2.5~マイナス1℃、室内温度を23℃にした場合)では、壁の表面温度が木造住宅で約3.5℃上がる。

(2017/08/24)

※各記事の詳細は日経BP社の建築・住宅サイト「日経アーキテクチュア」(登録制、無料)からご覧いただけます。

日経アーキテクチュア ニュース〜日経BP社の最新業界ニュース
執筆者:日経BP社

日経アーキテクチュアは、一級建築士をはじめ建設会社や行政など、建築界に携わる方々に、意匠・構造・施工などの専門領域だけでなく、建築界を取り巻く社会・経済動向から経営実務までの情報をお届けする総合情報誌・ウェブサイト。

バックナンバー

PAGE TOP