連載コラム

国際委員会の活動について

[ 2012年7月24日 ]

国際委員会

 一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会(以下、建産協)では建材・住宅設備業界の国際的な事業活動を側面から支援するため、平成23年度に国際委員会を設置し、企画調査部会、交流部会の2部会を設け活動を開始した。平成24年度は日本の安全性、快適性、省エネ性、省資源性、および耐震性に優れたグリーン建材・住宅設備機器をアジア市場で普及促進するため、日本とアジア各国との規格・標準に関する情報交流と各国の状況についての情報集積及びその共有化のための活動を行っている。
 さらに、今年度新たに、経済産業省産技術環境局基準認証政策課からの、平成24年度「国際エネルギー使用合理化等対策事業(省エネルギー等普及基盤構築支援調査事業)」を受託することが決まり、「グリーン建材普及促進基盤構築調査事業」を開始することとなった。

1.企画調査部会

 企画調査部会では平成23年度の活動として経済産業省との連携のもと調査対象国、項目、データベースの蓄積等について議論し、経済産業省及び海外へ事業展開している会員企業より講師を招いた講演会等を開催し、情報収集、共有化を行った。平成24年度には中国および東南アジアを中心とした諸外国における建材・住宅設備の規格・標準および各国の制度・仕組みに関する情報収集を行う予定である。さらに、すでに国際化を進めている建築関連企業及び学識経験者からの講演等を通じて、具体的な現地ニーズの把握と提案を行っていく。
 また、これまでの活動で蓄積されたデータベースを、会員限定ではあるが本年7月初めに建産協のホームページ上で公開した。今後は会員への周知を進めるとともに、そのデータの充実化を図っていく。

【 これまでに行われた講演会講師及び演題 】
第1回 経済産業省 工業標準調査室長 井上悟志氏
    「戦略的な国際標準化の推進とアジアの連携」
第2回 大和ハウス工業株式会社 統括管理室室長 恵藤英郎氏
    「人・街・暮らしの価値共創グループ」への挑戦
第3回 積水ハウス株式会社 国際事業部部長 武石 哲氏
    「中国(瀋陽)事業について」
第4回 経済産業省 基準認証ユニット戦略官 長野寿一氏
    「基準認証分野における国際動向」
第5回 株式会社野村総合研究所 コンサルティング事業本部社会システムコンサルティング部

上席コンサルタント 科野宏典氏
コンサルタント 石橋哲也氏
平田陽平氏

    「アジア新興国におけるグリーン建材普及のための建材規格・標準化動向の基礎調査」


【講演会】

【DB検索用画面】

2.交流部会

 交流部会ではアジア諸国とどのような交流活動が必要か、また可能か、について議論を深め、昨年11月末に今後最も発展が期待される中国東北地域3省の中心である瀋陽に交流ミッションを派遣し、現地政府、民間企業等との交流、既に進出している日系企業への訪問、意見交換等により情報を収集し、その共有化を図った。
 平成24年度は経産省と連携して、中国や東南アジア諸外国との政府間及び民間レベルの交流と人脈を活用するとともに、交流会への使節団派遣等を行う。また、このネットワークを強化して、日本のグリーン建材・住宅設備機器の優れた点のPRを図るとともに諸外国のニーズを収集し、アジア市場での日本のプレゼンス向上を図っていく予定である。

(一社)日本建材・住宅設備産業協会より〜建材業界の最新動向
執筆者:(一社)日本建材・住宅設備産業協会

(一社)日本建材・住宅設備産業協会は、昭和24年に(社)日本建設材料協会として発足し、 昭和63年に建材産業全般に関わる企業・団体を横断的に広く関係を取り持つ役割を担うべく、(社)日本建材産業協会 (経済産業省認可)へと改組・改名しました。そして、平成17年(社)日本住宅設備システム協会の事業を引き継いだ際、(社)日本建材・住宅設備産業協会へと改名し、平成24年4月1日に一般社団法人へ移行しました。協会独自の自主委員会による事業に各種補助・委託事業を加え、調査統計、技術動向の情報収集、建材の標準化、品質保証、省エネ・環境など各種事業を行っています。

バックナンバー

PAGE TOP