日経メッセ > 建築・建材展 > 連載コラム > (一社)日本建材・住宅設備産業協会より〜建材業界の最新動向 > 住宅の「暑い」、「寒い」を考える 「断熱リフォーム」サイト

連載コラム

住宅の「暑い」、「寒い」を考える 「断熱リフォーム」サイト

[ 2014年6月19日 ]

エネルギー・環境委員会 断熱材普及部会

 一般社団法人日本建材・住宅設備協会(以下、建産協) 断熱材普及部会ではホームページにある、「断熱リフォーム」サイトを今年4月に大幅リニューアルした。
 今回のリニューアルは一般ユーザーの方を対象にしており、建産協キャラクターの「エコにゃん」が住宅断熱の必要性や効果を分かりやすく説明している。また、お住まいでの「暑い」、「寒い」といった問題の解決方法や、断熱の効果を高める製品情報を数多く掲載した。
 さらに、気になる断熱リフォームに要する費用についても、部位ごとに詳細な工事費を掲載している。


「断熱リフォーム」URL:http://www.kensankyo.org/business/dannetsureform/index.html
「カタラボ」トップページ(http://www.catalabo.org/)のバナーからも アクセス可能。

こんな時に断熱リフォーム

◆ついでの「断熱リフォーム」が分かる

 内外装や水回りのリフォーム工事を行う際、ついでに高性能の断熱材を効果的に施工することで、冷暖房効果が大きく改善される。費用については、一般ユーザーが想像するよりも低コストで実現できることを説明。

断熱リフォーム エコにゃんかんたん解説ページ

◆断熱・断熱材について理解することができる

 建産協キャラクター エコにゃんが「エコにゃんかんたん解説ページ」で、一般ユーザーに分かりやすく断熱の意味や断熱材の役割・効果について解説。

こんな生活環境、我慢してませんか?

◆断熱リフォームに適した製品を豊富な製品情報から選択できる。

 「こんなことでお困りではありませんか」と問いかけながら、問題となる部位を指摘し、豊富な製品情報その部位に適した断熱材製品と施工方法を説明。
 一般ユーザーが最も知りたかった費用についての情報も掲載。

(一社)日本建材・住宅設備産業協会より〜建材業界の最新動向
執筆者:(一社)日本建材・住宅設備産業協会

(一社)日本建材・住宅設備産業協会は、昭和24年に(社)日本建設材料協会として発足し、 昭和63年に建材産業全般に関わる企業・団体を横断的に広く関係を取り持つ役割を担うべく、(社)日本建材産業協会 (経済産業省認可)へと改組・改名しました。そして、平成17年(社)日本住宅設備システム協会の事業を引き継いだ際、(社)日本建材・住宅設備産業協会へと改名し、平成24年4月1日に一般社団法人へ移行しました。協会独自の自主委員会による事業に各種補助・委託事業を加え、調査統計、技術動向の情報収集、建材の標準化、品質保証、省エネ・環境など各種事業を行っています。

バックナンバー

PAGE TOP