日経メッセ > 建築・建材展 > 連載コラム > (一社)日本建材・住宅設備産業協会より〜建材業界の最新動向 > 建材と住宅設備のデジタルカタログ集サイト「カタラボ」の 新コーナー・新機能紹介

連載コラム

建材と住宅設備のデジタルカタログ集サイト「カタラボ」の 新コーナー・新機能紹介

[ 2014年8月11日 ]

企画委員会 情報提供部会

 一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会(以下、建産協)が運営する建材と住宅設備のデジタルカタログ集サイト「カタラボ」は正会員245社、賛助会員90社の合計335社、月間ページビュー4,446万ページビュー、掲載カタログ数 1,753冊、掲載ページ数203,072ページ(いずれも平成26年7月末時点)と、サイト開設以来、順調に成長を続けている。
 建産協 企画委員会情報提供部会ではカタラボユーザーの方々に、より便利に、より快適にカタラボをご利用いただけるよう、本年1月から4月にかけて新コーナー・新機能を追加したので、ぜひご利用ください。


イベント(展示会等)のご案内 新コーナー:イベント(展示会等)のご案内

 カタラボ会員(正会員、賛助会員)が主催、またはご案内するイベント情報を掲載するコーナー
 イベントは、展示会、セミナー、研修会等の内容で、どなたでも参加いただけるものとし、2ヵ月先までのイベント情報を毎月20日ごろに更新掲載する。
 カタラボトップページ "イベント(展示会等)"のバナーをクリックすると、"イベントのご案内"ページが表示される。さらに地域を絞り込み対象エリアでのイベントだけを表示することもできる。

最近見たカタログ 新機能:最近見たカタログ

 ユーザーが最近閲覧したカタログが10冊まで自動的にトップページに表示される。画面の表示は5冊程度であるが、スクロールバーの操作により全て確認することができる。ユーザーが良く閲覧するカタログを検索するのに便利である。

便利な使い方 新コーナー:便利な使い方

 カタログを閲覧するだけではなく、提案資料の作成、自分専用のカタログ作成などの様々な機能を、実例を挙げて分かりやすく説明している。

(一社)日本建材・住宅設備産業協会より〜建材業界の最新動向
執筆者:(一社)日本建材・住宅設備産業協会

(一社)日本建材・住宅設備産業協会は、昭和24年に(社)日本建設材料協会として発足し、 昭和63年に建材産業全般に関わる企業・団体を横断的に広く関係を取り持つ役割を担うべく、(社)日本建材産業協会 (経済産業省認可)へと改組・改名しました。そして、平成17年(社)日本住宅設備システム協会の事業を引き継いだ際、(社)日本建材・住宅設備産業協会へと改名し、平成24年4月1日に一般社団法人へ移行しました。協会独自の自主委員会による事業に各種補助・委託事業を加え、調査統計、技術動向の情報収集、建材の標準化、品質保証、省エネ・環境など各種事業を行っています。

バックナンバー

PAGE TOP