日経メッセ > 建築・建材展 > 連載コラム > (一社)日本建材・住宅設備産業協会より〜建材業界の最新動向 > 平成27年度 第1回マンション省エネ改修提案セミナー 開催のご案内

連載コラム

平成27年度 第1回マンション省エネ改修提案セミナー 開催のご案内

[ 2015年9月4日 ]

エネルギー・環境委員会 マンション省エネ改修推進部会

 一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会(以下、建産協) エネルギー・環境委員会 マンション省エネ改修推進部会ではマンション省エネリフォーム推進のため、居住者(区分所有者)の関心、理解を深める活動を行っています。
 その活動の一環として、企業紹介、製品事例、改修事例をはじめとして、高経年化しているマンションや空き家問題にも着眼し、課題意識の共有を図り、リフォーム関連業者、団体を交えた参加費無料のセミナーを毎年開催しています。
 本年度は「住環境、および省エネと健康の関連性について」をテーマに学識経験者をお招きした講演を二題実施いたします。
 東京都市大学 環境学部 環境創生学科 同大学院 環境システム研究室 教授 工学博士 宿谷昌則氏からは『住育ことはじめ-住まいの環境を快適にする方法―』と題して、来場者と一緒に体感型の講義で、温度計の数値と肌で感じる暖かさや涼しさの違いについて、わかりやすく解説いただきます。
 また、近畿大学 建築学部長 教授 工学博士で、一般社団法人 健康・省エネ住宅を推進する国民会議 正会員でもある岩前篤氏からは『健康と省エネについて』と題して、健康に影響を及ぼす住環境などについて講演いただきます。
 そのほか、当部会委員による専有部の改修事例についての紹介も行います。
 無料のセミナーですので、この機会にマンションの省エネ改修についてご理解を深めていただくことをお勧めいたします。

詳しくは建産協ホームページに掲載のご案内チラシをご覧ください。
http://www.kensankyo.org/topics/2016/shoene_20150826.pdf


(一社)日本建材・住宅設備産業協会より〜建材業界の最新動向
執筆者:(一社)日本建材・住宅設備産業協会

(一社)日本建材・住宅設備産業協会は、昭和24年に(社)日本建設材料協会として発足し、 昭和63年に建材産業全般に関わる企業・団体を横断的に広く関係を取り持つ役割を担うべく、(社)日本建材産業協会 (経済産業省認可)へと改組・改名しました。そして、平成17年(社)日本住宅設備システム協会の事業を引き継いだ際、(社)日本建材・住宅設備産業協会へと改名し、平成24年4月1日に一般社団法人へ移行しました。協会独自の自主委員会による事業に各種補助・委託事業を加え、調査統計、技術動向の情報収集、建材の標準化、品質保証、省エネ・環境など各種事業を行っています。

バックナンバー

PAGE TOP