日経メッセ > 建築・建材展 > 連載コラム > (一社)日本建材・住宅設備産業協会より〜建材業界の最新動向 > ついでにあったか断熱工事 -断熱リフォームアニメ版ご紹介-

連載コラム

ついでにあったか断熱工事 -断熱リフォームアニメ版ご紹介-

[ 2015年9月26日 ]

エネルギー・環境委員会 断熱材普及部会

 一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会(以下、建産協) エネルギー・環境委員会 断熱材普及部会では、ご自宅のリフォームをお考えの方に「断熱リフォーム」をお勧めしています。
 本年6月に浴室・脱衣室廻りの断熱リフォームが、今話題のヒートショックを防止するのに有効であることを一般消費者の方々に分かりやすくご説明する「浴室リフォームのついでにあったか断熱工事」のパンフレットをご紹介しました。

 今回はその第2弾として、断熱リフォームアニメ版をご紹介します。
 家庭内で死亡する人の1/3にあたる入浴中のヒートショック死 年間17,000人。これは日本における交通事故者数をはるかにこえる人数となっています。こちらのアニメでは冬に寒い浴室、脱衣室をより暖かくでき、それによってヒートショックによる事故を防ぐのに効果的であることを分かりやすく説明しています。

視聴は建産協のホームページ(http://www.kensankyo.org/)よりお願いします。

なお、動画はリンクフリーとなっていますので、断熱工事の普及・啓発等に是非ご活用ください。

【問い合わせ先】
(一社)日本建材・住宅設備産業協会  エネルギー・環境委員会 断熱材普及部会
事務局 須田孝彦
TEL:03-5640-0901 FAX:03-5640-0905   E-mail : suda@kensankyo.org

(一社)日本建材・住宅設備産業協会より〜建材業界の最新動向
執筆者:(一社)日本建材・住宅設備産業協会

(一社)日本建材・住宅設備産業協会は、昭和24年に(社)日本建設材料協会として発足し、 昭和63年に建材産業全般に関わる企業・団体を横断的に広く関係を取り持つ役割を担うべく、(社)日本建材産業協会 (経済産業省認可)へと改組・改名しました。そして、平成17年(社)日本住宅設備システム協会の事業を引き継いだ際、(社)日本建材・住宅設備産業協会へと改名し、平成24年4月1日に一般社団法人へ移行しました。協会独自の自主委員会による事業に各種補助・委託事業を加え、調査統計、技術動向の情報収集、建材の標準化、品質保証、省エネ・環境など各種事業を行っています。

バックナンバー

PAGE TOP