連載コラム

居住水準等の国際比較

[ 2015年11月30日 ]

(「2015/2016年版 建材・住宅設備統計要覧」より抜粋)
企画委員会 調査統計部会

■ 住宅水準の国際比較

1.戸当たり住宅床面積の国際比較(壁芯換算値)

2.一人当たり住宅床面積の国際比較(壁芯換算値)

3.所有関係別住宅ストック数の国際比較

■ 概況

・持借別の戸当たり住宅床面積を主要先進国と比較すると、日本は特に借家において規模が小さい。また、一人当たり住宅床面積についてみても、米独仏に比べ規模が小さいといえます。 ・戦後の住宅政策を反映して主要先進国間で公的借家の割合の高低がある。低所得者層を対象としてきたアメリカと、近年公営住宅払下げ等によって所有権移転が進められているものの、借家の多くが公的借家であったイギリスとでは約13%の開きがあります。
 以上、「2015/2016年版 建材・住宅設備統計要覧」からの抜粋です。

 「2015/2016年版 建材・住宅設備統計要覧」は一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会が毎年発刊している建材・住宅設備に関する総合的な統計資料集であり、1990年の初版以降、毎年発刊を重ね今回26刊目となる。今年度版より目次と品目に英訳を追加し、より多くの方々にご利用いただけるようになりました。
 本書は工業統計、建築着工統計等の官庁統計のほか、各種工業団体の行う業界統計を整理・集約して関係者の情報収集に役立てることを目的としたもので、今年度版は「居住水準等の国際比較」と題する特集記事を掲載しております。

■ 書名
2015/2016年版 建材・住宅設備統計要覧
■ 収録建材項目品目数
1. 木質建材18
2. 窯業建材61
3. プラスチック建材17
4. 金属建材31
5. 住宅用断熱建材・他9
6. インテリア12
7. 住宅設備機器44
8. 副資材35
  計227
■ 体裁 A4判 117頁


「2015/2016年版 建材・住宅設備統計要覧」ご購入については
http://www.kensankyo.org/business/toukei/toukeiyouran.html をご覧ください。

■ 問合せ先

一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会
事務局 篠原一英 E-mail:shinohara@kensankyo.org
         TEL:03-5640-0901
         FAX:03-5640-0905

(一社)日本建材・住宅設備産業協会より〜建材業界の最新動向
執筆者:(一社)日本建材・住宅設備産業協会

(一社)日本建材・住宅設備産業協会は、昭和24年に(社)日本建設材料協会として発足し、 昭和63年に建材産業全般に関わる企業・団体を横断的に広く関係を取り持つ役割を担うべく、(社)日本建材産業協会 (経済産業省認可)へと改組・改名しました。そして、平成17年(社)日本住宅設備システム協会の事業を引き継いだ際、(社)日本建材・住宅設備産業協会へと改名し、平成24年4月1日に一般社団法人へ移行しました。協会独自の自主委員会による事業に各種補助・委託事業を加え、調査統計、技術動向の情報収集、建材の標準化、品質保証、省エネ・環境など各種事業を行っています。

バックナンバー

PAGE TOP