日経メッセ > 建築・建材展 > ニュース > エネファームの電気、各戸で融通、省エネマンション販売、東レ建設、まず静岡・長泉で。

日経の紙面から

エネファームの電気、各戸で融通、省エネマンション販売、東レ建設、まず静岡・長泉で。

[ 2016年1月18日 / 日経産業新聞 ]

 【静岡】東レ建設は23日から、長泉町に建設中の分譲マンション「シャリエ長泉グランマークス」の販売を始める。静岡ガスが最先端省エネ技術で協力。家庭用燃料電池「エネファーム」で発電した電気を世帯間で融通し合うほか、電気を含めた光熱費の「見える化」を推進する。両社は環境性能を前面に打ち出し、高付加価値マンションとして他地域にも今後展開する。

 物件は三島駅から徒歩25分、最寄りの長泉なめり駅から同15分に位置する。12階建て全190戸のうち、第1期として39戸の申し込み登録を受け付ける。専有面積約71〜89平方メートルで、価格は3000万〜4750万円。2017年3月から順次入居できる。

 静ガスはパナソニックと電力融通システムの共同特許を取得。各家庭は余った電力を静ガスに売電し、足りない家庭へ回せる。電気代とガス代は静ガスが一括請求する。災害時対応や充実した共用施設も売り物にする。

ニュースの最新記事

PAGE TOP