日経メッセ > 建築・建材展 > ニュース > 自宅屋上にキッチン、東邦レオ、「料理男子」に、スノーピークと提案。

日経の紙面から

自宅屋上にキッチン、東邦レオ、「料理男子」に、スノーピークと提案。

[ 2016年12月11日 / 日経MJ(流通新聞) ]

 屋上緑化大手の東邦レオ(大阪市)はスノーピークと共同で屋上で調理ができる戸建て向けの屋上プランを商品化する。料理好きの男性や屋外で食事を楽しむ家族が増えており、バーナーコンロやダイニングテーブルをパッケージで提案=写真。工務店を通じて販売し、2018年度に年200棟の受注を目指す。

 15日に屋上向け「アウトドアキッチン」として発売する。コンロ付きのキッチンやダイニングテーブル、椅子などで構成。テーブルはコンロを内蔵し、中央の天板を開けると調理台にもなる。「エッグベネディクト」「ラムチョップのグリル」など三ツ星レストランのシェフが監修した屋外向けのレシピ集を付ける。

 オープン価格で設置費用は屋上の面積などで変わるが、防水工事や床デッキなどと合わせて150万円ほどからとなる見込み。17年4月に都内に完成予定の建売住宅で採用が決まったという。

 東邦レオは10年から木造住宅の屋上を防水加工し、第2のリビングとして活用する施工プランを販売している。

ニュースの最新記事

PAGE TOP