日経メッセ > 建築・建材展 > ニュース > 収納家具、丸ごと提案、南海プライウッド、新ブランド導入、都内で展示。

日経の紙面から

収納家具、丸ごと提案、南海プライウッド、新ブランド導入、都内で展示。

[ 2017年6月6日 / 日本経済新聞 地方経済面 ]

 木製建材を製造する南海プライウッドは収納家具を住宅のすべての部屋向けに購入してもらうよう提案を強化する。20種類以上の収納家具をそろえた独自ブランドを立ち上げたほか、8月にも東京にショールームを開設する。従来は玄関や寝室など部屋ごとへの提案が中心だったが、家具の規格やデザインを統一して使いたい入居者らに対応し、一括提案する。

 東京・神田に開設する「東京ショールーム」の面積は約130平方メートルで、見学は完全予約制。同社のげた箱や食器用の入れ物など収納製品を取り入れた寝室や玄関、リビング、キッチンなどを体験できる。ショールームの開設は志度工場(香川県さぬき市)に続き2拠点目。受注が多い首都圏に開設し、工務店や入居者に見てもらう。

 同社は今春、独自ブランド「収納生活NANKAI」を設立。家具の色柄や規格を統一しやすくした。ショールームでは新ブランド製品を展示、全室をトータルコーディネートした場合の住まいをイメージしやすくする。

ニュースの最新記事

PAGE TOP