日経メッセ > 建築・建材展 > ニュース > 主力宝飾店を全店改装、ヨンドシーHD、今秋から。

日経の紙面から

主力宝飾店を全店改装、ヨンドシーHD、今秋から。

[ 2017年8月16日 / 日本経済新聞 朝刊 ]

 宝飾品店「4℃」を展開するヨンドシーホールディングス(HD)は今秋以降、主力の「4℃」ジュエリーの店舗を改装する。陳列器具を含めて内装を一新。新規開発した商品も投入し、主な購買層である25〜30歳の女性を取り込む。数年をかけて全93店舗を変更する。

 「4℃」ジュエリーは主に百貨店の宝飾品売り場に出店している。全体的に白色を基調としたデザインで、現在のデザインを導入してから7年ほどが経過した。新たな装いで、洗練された印象を強める。

 今秋から試験的に3店舗を改装する。テーマは「大人と上質」。内装に白やベージュ、茶色などを使い、落ち着いた雰囲気をつくる。商品を並べる棚なども新調する。

 同社は変色しにくいシルバーなどを開発してきた。今回の改装に合わせ、独自開発した素材や宝飾品も提案する計画だ。

 来春からは本格的に全国の店舗改装を始める予定で出店する百貨店などと協議しながら改装を進める。全店舗の実施には数年ほどかかるという。

 同社の2016年度の宝飾事業の既存店売上高は6年ぶりに前年実績を下回った。婚約指輪などの苦戦が主因で、国内販売をテコ入れする狙いがある。

ニュースの最新記事

PAGE TOP