日経メッセ > 建築・建材展 > ニュース > 大東建託、ARで建物完成予想図、マンションオーナー開拓。

日経の紙面から

大東建託、ARで建物完成予想図、マンションオーナー開拓。

[ 2017年10月3日 / 日経産業新聞 ]

 大東建託は新築マンションやアパートのオーナー向けに、建物の完成予想図が拡張現実(AR)技術で実際に建設予定地に建っているかのように見える新システムを試験導入した。

 実物大の建物が実際に建っているように見せることで、オーナーが物件完成時の姿をイメージしやすくする。提案の質を向上し、首都圏を中心とした営業力を高める狙いがある。

 マイクロソフト社製のメガネ型端末を活用する。設計図案を元にコンピューターグラフィックス(CG)を作成し、端末に送信。オーナーは端末越しに建設予定地を見ると、その場に物件が建っているように立体的なCGが見える。

 ベランダの日当たりや隣接する物件などの周囲の景色との溶け込みなどを具体的に確認できる利点がある。

 年内に首都圏各地の建設予定地で実証実験してCGの見え方を確認し、全国の営業所に導入する。同社はアパートやマンションオーナーの新規開拓を進めている。

ニュースの最新記事

PAGE TOP