日経メッセ > 建築・建材展 > ニュース > オフィス家具の岡村製作所、54年ぶり英字ロゴ変更。

日経の紙面から

オフィス家具の岡村製作所、54年ぶり英字ロゴ変更。

[ 2017年11月8日 / 日経産業新聞 ]

 オフィス家具大手の岡村製作所は7日、製品などに入れている英字ロゴの新デザインを発表した。英語表記を今までより太く力強いデザインにした。2018年4月に社名を「オカムラ」に変更するのに合わせて変える。54年ぶりの変更になるという。企業としての認知度とブランド力の向上につなげる。

 これまでのカタカナのロゴとも親和性が高いという太く力強い「男性的なデザイン」(中村雅行社長)にした。18年4月以降に販売するオフィスチェアや机に順次刻印する。

 岡村製作所は1945年創業の老舗オフィス家具メーカー。創業以来同じ社名を使ってきたが、消費者にはオフィスで使う椅子や机に刻印されている略称の「オカムラ」で認知されることが多かった。

 最近ではオフィス家具の生産だけでなく、壁紙や床、照明も含めた空間全体の設計や、企業へのコンサルティングも増えている。ものづくりの意味合いが強い「製作所」がそぐわなくなっていたことも変更の背景にあるという。

 中村社長は「オフィス家具の生産だけでなく、オフィスや商環境などの空間作りを一括で担うトータルソリューション企業としての価値を高めたい」と強調した。

ニュースの最新記事

PAGE TOP