日経メッセ > 建築・建材展 > ニュース > 桧家HDのベトナム子会社、住宅の施工用図面を作製。

日経の紙面から

桧家HDのベトナム子会社、住宅の施工用図面を作製。

[ 2017年11月9日 / 日本経済新聞 地方経済面 ]

 住宅事業を手がける桧家ホールディングスは、ベトナムの子会社、ヒノキヤベトナム(ハノイ)で、住宅の施工用図面の作製を始める。従業員を2015年11月の設立時の2倍となる60人体制に増員した。人件費が日本より安いベトナムに図面作製の作業を移してコストを削減する。

 ヒノキヤベトナムは桧家ホールディングスの海外初の子会社。日本で販売する桧家住宅ブランドなどの顧客向けの説明資料を作成してきた。

 11月からは、日本で作った住宅の簡易図面をもとに、実際の工事に使うための詳細な図面を作製する作業を担う。18年に年間800棟以上、19年には全棟の施工用図面をベトナムで作製することをめざす。

 また、桧家ホールディングスは全館空調システム「Z空調(ゼックウチョウ)」を20年までに年間1万棟販売する目標を掲げている。ヒノキヤベトナムで配管など同商品の設計サポートも新たに始める予定だ。

 桧家ホールディングスは「ベトナムは優秀な人材が多い。人件費の負担が少ないので子会社を活用して事業を広げていく」と説明している。

ニュースの最新記事

PAGE TOP