日経メッセ > 建築・建材展 > ニュース > 木造アパート、収納2倍、東建コーポが販売。

日経の紙面から

木造アパート、収納2倍、東建コーポが販売。

[ 2018年1月16日 / 日経産業新聞 ]

 【名古屋】賃貸住宅建設・仲介大手の東建コーポレーションは収納スペースを従来の2倍に拡大させた3階建て木造アパートを発売する。収納の専門家の知見を生かし、人が生活する動線に沿って収納棚を配置した。可動型の棚を用意し、個々の住民の生活スタイルに合わせて棚を設置できる。2018年度中に全国で150棟の受注を目指す。

 新商品は収納空間を広げ、使い勝手を改善した。そのほか、フレームを組み合わせた独自の工法で、耐震性を強化。外壁に装飾を施して、西洋建築のような重厚感のある外観となった。価格は、3階建て12世帯モデルで8950万円から。

ニュースの最新記事

PAGE TOP