日経メッセ > 建築・建材展 > ニュース > 新興――サンウッド、7割増益、今期単独税引き、マンション好調。

日経の紙面から

新興――サンウッド、7割増益、今期単独税引き、マンション好調。

[ 2018年1月24日 / 日本経済新聞 朝刊 ]

 マンション開発を手がけるサンウッドの2018年3月期の単独税引き利益は、前期比で約7割増の3億円弱となるもようだ。従来予想を5000万円弱上回りそうだ。高級新築マンションの富裕層からの引き合いが強い。想定よりも販売が好調で、広告宣伝費を抑えられる見通しだ。

 売上高は7割増の約115億円と従来予想通りとなりそうだ。都内で港区、渋谷区、文京区、多摩市とマンションが4棟完成し、前期実績の2棟を上回る。

 営業利益は4倍強の5億5000万円弱と、従来予想を5000万円弱上回りそうだ。昨年秋以降の株高の効果で、1戸あたりの価格が1億円弱の高級マンションの販売が好調だ。折り込みチラシやインターネットなどへの広告宣伝費を抑えられた。17年4〜12月期の税引き利益は約3億円の黒字(前年同期は4億6700万円の赤字)となったようだ。

ニュースの最新記事

PAGE TOP