日経メッセ > 建築・建材展 > ニュース > 品川新駅周辺で再開発、超高層など3棟、事業費1000億円、住友不など、24年度完成。

日経の紙面から

品川新駅周辺で再開発、超高層など3棟、事業費1000億円、住友不など、24年度完成。

[ 2018年2月3日 / 日本経済新聞 地方経済面 ]

 住友不動産などはJR山手線の品川新駅(仮称)周辺で大型再開発に乗り出す。高さ約170メートルの超高層ビルなど3棟を建設し、2024年度に完成する計画だ。総事業費は1000億円規模に上るとみられる。周辺ではJR東日本や東京都も開発を計画しており、新駅開業に伴う街づくりが加速する。

 計画地は京急線と都営地下鉄の泉岳寺駅と、国指定史跡の泉岳寺の間のエリアで、広さは約1万8000平方メートル。20年度に着工し、泉岳寺駅に近い国道15号沿いに地上35階前後の超高層ビルを設ける。低層階に店舗、中層階以上にオフィスやマンションが入る複合ビルにする方針。マンションは500戸前後の規模で検討中だ。

 泉岳寺に近い場所には低層棟2棟を建てる。泉岳寺の参道沿いにある既存の仲店を引き継いだ店舗などが入る。「忠臣蔵」で知られる赤穂浪士の墓があるなど歴史が深い泉岳寺の一帯の街並みを生かす。超高層ビルと低層棟の3棟を合わせた延べ床面積は約14万3000平方メートルになる見通しだ。

 計画地があるエリアは現在、旧耐震基準で建てられた築40年超のマンションが多く、地権者は約250人に上る。16年に再開発の準備組合を設立しており、18年度中の都市計画決定を目指している。

 泉岳寺周辺は20年の品川新駅開業を見据え、開発の機運が高まっている。特に国道15号の東側ではJR東日本が大規模開発を計画するほか、都も泉岳寺駅付近で高さ約160メートルの複合ビルを建設する予定だ。今後は住友不動産などの再開発計画により、国道15号の西側でも新駅開業を踏まえた新たな街づくりが広がりそうだ。

ニュースの最新記事

PAGE TOP