日経メッセ > 建築・建材展 > ニュース > フクダハウジング、長く使える注文住宅。

日経の紙面から

フクダハウジング、長く使える注文住宅。

[ 2018年4月27日 / 日本経済新聞 地方経済面 ]

 福田組子会社のフクダハウジング(新潟市)は注文住宅の新ブランドを立ち上げた。白色を基調にしたデザインを特徴にしており、設計や品質管理なども含めて長期間利用してもらえる住宅をテーマに据えた。比較的収入が高いファミリー層を中心に新商品の注文獲得を目指す。

 新ブランドの名称は「永続きする家」。県産の木材を使うほか、耐震性や断熱性の高い設計で、完成後も定期的に無償で点検を受けられる。28日に新潟市中央区にある新興住宅地の展示場でモデルハウスを公開し、本格的に販売を始める。

 合わせてリノベーション(大規模改修)事業の販売体制も強化する。同社に現在4人いる「古民家鑑定士」の資格取得者を増やす方針だ。6月には本社ショールームの大幅な改装を予定しており、新ブランドとリノベーションに関する展示を充実させる。

ニュースの最新記事

PAGE TOP