日経メッセ > 建築・建材展 > ニュース > シャープ、曇りでも太陽光を急速蓄電(BrandNew)

日経の紙面から

シャープ、曇りでも太陽光を急速蓄電(BrandNew)

[ 2018年5月15日 / 日経産業新聞 ]

 シャープはフル充電にかかる時間を従来の半分の2時間半に短縮した住宅の太陽光発電用蓄電池システムを7月6日に発売すると発表した。電圧を高めるなどして急速充電し、晴れ間が少ない曇りの日も蓄電できるようにした。太陽光発電は売電の買い取り価格が下がっているため、戸建て住宅などの自家発電ニーズを取り込む。

 発売する蓄電池システムはリチウムイオン電池とパワーコンディショナー(パワコン)を組み合わせた。昼間に蓄電した電気を夜間に使える。リチウムイオン電池は8.4キロワット時と大容量にした。

 パワコンの変換効率は96%まで高めた。停電時には自律運転時の出力を従来の1.5キロワットから2キロワットまで高めた。災害時には照明や冷蔵庫など生活に不可欠な機器の電源確保につながる。

 蓄電池システムの販売価格は税別291万円で、月産台数は250台としている。

ニュースの最新記事

PAGE TOP