日経メッセ > 建築・建材展 > ニュース > 住商、横浜に物流施設、同社最大、効率的な拠点に。

日経の紙面から

住商、横浜に物流施設、同社最大、効率的な拠点に。

[ 2018年5月17日 / 日経産業新聞 ]

 住友商事は横浜市に建設した同社最大の物流施設が本格稼働を始めたと発表した。消費地に近い高速道路のインターチェンジ近くに立地し、東京都や神奈川県に住む消費者向けに商品を運ぶ拠点となる。総事業費は300億円規模とみられる。

 建設した「SOSiLA横浜港北」は鉄骨造の4階建ての物流拠点で、敷地面積は約3万9000平方メートル。延べ床面積は約8万7000平方メートル。貨物トラックが1〜3階まで直接行くことができるため、騒音を抑えて荷物の積み下ろしが効率的にできる。

 発光ダイオード(LED)照明や太陽光発電パネルを設置し、省エネ型の設計とした。すでに食品物流会社のアサヒロジスティクス社(さいたま市)やヤマト運輸など複数社と賃貸借契約を結んでいる。2016年に着工していた。

 住商はインターネット通販の拡大などによる人手不足の深刻化を背景に、効率的な物流拠点の開発を進めている。

ニュースの最新記事

PAGE TOP