日経メッセ > 建築・建材展 > ニュース > JR東海、「大深度地下」工事でJVと契約、リニア建設で。

日経の紙面から

JR東海、「大深度地下」工事でJVと契約、リニア建設で。

[ 2018年6月14日 / 日本経済新聞 地方経済面 ]

 JR東海は13日、2027年の開業を目指すリニア中央新幹線の建設で、中京圏では初めて地下40メートルより深い「大深度地下」を通すシールドトンネル工事を契約したと発表した。愛知県春日井市内の約10キロメートルの区間で、安藤ハザマを中心とする共同企業体(JV)と契約した。

 JR東海によると、地表面からの深さは最大約100メートルと深く高度な施工技術を必要とする工事という。JVには不動テトラと福田組も入った。14日から26年3月15日までの約8年間の工期で設計・施工する。

ニュースの最新記事

PAGE TOP