日経メッセ > 建築・建材展 > ニュース > コロナ、エアコン付き床暖房、省エネ性能高く。

日経の紙面から

コロナ、エアコン付き床暖房、省エネ性能高く。

[ 2018年8月28日 / 日本経済新聞 地方経済面 ]

 コロナは長谷工コーポレーションや三菱ケミカルインフラテック(東京・中央)と連携し、省エネ性能が高いエアコン付きヒートポンプ床暖房を発売した。政府は18年度から高い省エネ性能がある低層マンションやアパートに補助金を交付する。省エネ住宅の需要は拡大が予想され、各社の開発ノウハウを生かして競争力を高める。

 価格は非公表。空気熱を生かしたヒートポンプを内蔵した室外機にエアコンと床暖房を組み合わせ、冷房と暖房の機能を備える。

 暖房の光熱費は電気ヒーター床暖房の25%に抑えた。

 コロナは従来品よりも省エネ性能を高めたエアコンの開発を手がけた。三菱ケミカルインフラテックは床暖房の熱を伝えるパネルの性能の改善を担った。

 商品の販売はコロナが手がけ、長谷工が設計・施工する省エネ性能がある集合住宅で採用してもらうほか、省エネ集合住宅を手がける他の事業者にも売り込む。

ニュースの最新記事

PAGE TOP