エコプロ
社会インフラテック
気候変動・災害対策Biz

JAPAN SHOP

2020年3月3日(火)〜6日(金) 2020/03/03〜06 東京ビッグサイト
日経メッセ > JAPAN SHOP > 出展者ブログ

出展者ブログ

「DAIKEN」の紹介

[2015年01月07日/大建工業]

あけましておめでとうございます。
大建工業株式会社です。

これから JAPAN SHOP 2015 開催までの間 この出展社ブログを利用して
当社、大建工業の情報を発信させていただきます。
どうぞ よろしくお願いいたします。

第1回目は、当社「DAIKEN」の紹介です。

今年、2015年9月26日に、「DAIKEN」は、創業70周年を迎えます。
これは、皆様のご支援の賜物であり、厚くお礼申し上げます。


人と空間・環境との調和をテーマに顧客本位の経営を行う
これが当社の経営理念です。この理念は今日に至るまで脈々と受け継がれてきました。

当社の創業は、1945(昭和20)年9月。終戦直後の荒廃と混乱の中、
「復興資材として木材・製材品を生産し、日本の社会や国民の生活の再建に役立ちたい」という
先人の熱い志のもと、各種木製品と床材の製造に着手したのが始まりとなります。

それ以来当社は、地球環境に配慮したエコ素材と、消費者目線に立った“質”の高い住環境を
創出する製品を開発し、提供し続けてまいりました。

エコ素材の原点は、今から55年前の1958年、廃木材なども含めて木質資源を無駄なく活用することができる
木質繊維板(インシュレーションボード)の生産開始にまでさかのぼります。

その後も再生資源であるスラグウール(製鉄時の副産物であるスラグを繊維化したもの)を主原料とした
ロックウール吸音板(ダイロートン)をはじめ、製材端材などを原料に使用した中密度繊維板(MDF)や
スラグウールと未利用資源であるシラス(火山灰)を有効活用した無機質パネル(ダイライト)など、
“木材資源の有効利用”と“未利用資源の有効活用”を図ったエコ素材を数多く生み出してきました。

そして、これら環境配慮型の基礎資材を建材や住機製品、産業用途に広く活用することで、
断熱・吸音・調湿・耐震性に優れた当社ならではの製品を数多く産み出し、
常に時代に先駆けた「住まいの質」を提案してまいりました。

今や住まいづくりにおいて当たり前になっている断熱、吸音、防音、不燃、低VOC、といった機能の
殆んど全ては、当社が普及に取り組み、スタンダード化したものと言っても過言ではありません。
その取り組みは、安全、安心、快適、健康という視点で機能・品質をプラス。
あらゆる人にとっての住み心地の向上を目指した製品として提供してきました。

当社の取り組みは、消費者目線のモノづくりで新たな「くらし価値」の創造に取り組み、
人と空間と環境の調和を実現してまいります。

この住宅分野で培った技術、経験を基に、公共・商業建築分野で新たな市場を切り拓いてまいります。
そして企業の社会的責任を果たすため、4つの課題に取組んでいます。

① 『循環型社会の実現』
② 『高齢者も安心して暮らせる住環境の整備』
③ 『住宅、ビル、公共建築物の耐震化促進』
④ 『国産材の活用促進』

次回より4つの課題をベースに当社の取り組みを紹介してまいります。
次回は、『国産材の活用促進』の取組みです。

当ブログ記事の内容についてのお問合せは、当サイト内の出展者情報にある
「この出展者に問い合わせ」からご連絡ください。


DAIKEN の記事
第1回:会社紹介 https://messe.nikkei.co.jp/blog/info/JS/1959
第2回:国産材活用 https://messe.nikkei.co.jp/blog/info/JS/1961
第3回:WPC技術 https://messe.nikkei.co.jp/blog/info/JS/1962
第4回:事例紹介 https://messe.nikkei.co.jp/blog/info/JS/1963
第5回:事例紹介 https://messe.nikkei.co.jp/blog/info/JS/1964
第6回:社会的課題 https://messe.nikkei.co.jp/blog/info/JS/1965
第7回:リモデル https://messe.nikkei.co.jp/blog/info/JS/1997
第8回:和紙畳 https://messe.nikkei.co.jp/blog/info/JS/1966
第9回:新製品 https://messe.nikkei.co.jp/blog/info/JS/2003
弊社70周年ロゴ
木材利用の循環図

お問い合わせ

出展者名 大建工業
担当部署 市場開発部
電話番号 03-6271-7873
E-mail https://reg18.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=litb-ofpeq-5306a1ea32a5e021d2bc735a3b6d10c3
URL https://www.daiken.jp/

このブログの出展者

大建工業

独自基材「ダイライト」と「地域産材を活用した内装建材」を中心に施設設計の困り事を解決。
<下地だけでないダイライト製品>耐熱性、防火性に優れた鉱物繊維と火山性ガラス質堆積物を原材料とした高性能基材「ダイライト」。不燃下地材としてだけでなく、空間を彩る化粧材として様々な製品をラインアップ。
<地域産材活用>化粧シートにはない天然木突板ならではの美しい演出が可能な床材・壁材・ルーバーを展示。