エコプロ
社会インフラテック
気候変動・災害対策Biz

JAPAN SHOP

2021年3月9日(火)〜12日(金) 2020/03/09〜12 東京ビッグサイト
日経メッセ > JAPAN SHOP > 出展者ブログ

出展者ブログ

【伊と幸|絹ガラス】JAPANSHOP 2021に出展します。

[2020年12月31日/伊と幸 ]

私ども伊と幸は、2021年3月9日~12日まで開催予定のJAPAN SHOP 2021に出展致します。
小間位置は、JS1508、NIPPONプレミアムデザインゾーン内です。

皆様、和の伝統紋様には、古来より疫病を乗り越え、無病息災・一陽来復を願う人々の心が込められていることをご存じでしょうか。

私ども伊と幸は、90周年を迎える着物の白生地メーカーであり、永年培った絹織物の技法、伝統工芸職人の手仕事による紋様表現や感性を、産業技術との協業により、内装資材に応用展開しております。

これまでに、合わせガラスに封入した【絹ガラス】をはじめ、樹脂でラミネート【絹障子】など内装材を展開して参りました。

また、コロナ禍の医療介護施設における間仕切りニーズを受け、経済産業省のJAPANブランド育成支援事業を活用して、【絹パネル】を新たに開発しました。

これは、伝統の絹を、樹脂プレス加工し熱圧着させたもので、従前のファブリックガラス【絹ガラス】と比べ、より薄く仕上がり、意匠性や透明感はそのままに、破損リスクを低減、軽量化を実現しております。樹脂製なので、現場施工性も良いのが特徴です。

いずれも、日本古来から今に至る人々の願いを込めた伝統紋様を封入しており、和の文化性と共に、インテリア、内装資材としてのご案内を進めさせて頂ければと思います。

この度の開催は、事前登録制となっております。
ご案内を差し上げたいと存じます。誠にお手数ですが、ご来場のご予定をお聞かせ下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。
風雪に耐え、極寒の季節にも常緑を保つ松。ここでは大王松菱の【絹パネル】です。
ホテルエミオン1F和菓子カフェ笹屋伊織様でのご採用例です。

お問い合わせ

出展者名 伊と幸
担当部署 絹ガラス事業部
電話番号 075-254-5884
E-mail itoko@silkglass.jp
URL https://silkglass.jp

このブログの出展者

伊と幸

日本の伝統紋様には、古来より疫病を乗り越え、無病息災・一陽来復を願う人々の心が込められている。伊と幸は、本年90周年を迎える着物の白生地メーカーであり、永年培った絹織物の技法と感性を、産業技術により合わせガラスに封入。【絹ガラス】をはじめ、樹脂ラミネート【絹障子】など内装材を展開。また今回、樹脂プレス加工による【絹パネル】新製品を発表、案内する。