出展者ブログ

【デンソーウェーブプレスリリース】賞味期限や製品番号を読み取り、食の安全・業務効率化に貢献するOCR(文字認識)対応ハンディターミナル「BHT-1461QWB-CE-O」を発売

株式会社デンソーウェーブ(本社:愛知県知多郡阿久比町、代表取締役社長:柵木充彦)は、新
開発の文字認識エンジンを搭載し、印字された賞味期限や製品番号の検品・記録作業の効率化を
実現するOCR(文字認識)対応ハンディターミナル「BHT-1461QWB-CE-O」を、2015年12月に発売
します。原材料や商品の賞味期限の確認を効率化したい食品工場や食品卸売会社、製品番号の
記録や照合確認を効率化したい製造工場など、バーコード・二次元コード化がされていない場面で
の需要を見込んでいます。
近年、消費者に食の安全を届けるため、食品を扱う企業はさまざまな取り組みを強化しています。
特に、食品安全において重要な基準となる賞味期限については、一部のスーパーマーケットでは仕
入れに厳しい期限基準を設けるなどの対策を講じています。一方で、毎日変更される賞味期限表
示はバーコードや二次元コードで印字することが難しく、食品工場や食品卸売業で入出荷を行う際
の賞味期限チェック・記録作業は目視での確認が主流であり、入出荷工程に時間がかかっていまし
た。
また、自動車関連企業をはじめとする製造分野でも、納品書などに記載されたバーコード・二次
元コード化されていない製品番号のチェックを効率化したいというニーズが多くありました。
今回発売する「BHT-1461QWB-CE-O」は、バーコード・二次元コードに加え、複数のフォントの読
み取りに対応し、かつ高い読み取り性能を備えることで、これらの幅広い業界で業務の効率化に貢
献します。
デンソーウェーブが2015年6月に発売したパスポートスキャナ「QK30-OP-U」では、市場から高い
評価を得ており、今回さらにOCR関連製品のラインアップを拡充します。


1.新開発の高性能エンジンが実現する、優れた文字認識性能
新開発の高性能文字認識エンジンを搭載することで、優れた認識性能と読み取りスピードを実現しました。OCR-Bフォントやゴシックなど、さまざまなフォントに対応するだけでなく、色が薄くなりがちなドット文字の読み取りにも対応しています。
2.快適な運用を支援するさまざまな機能
印刷条件などによって読み取りが難しい文字をあらかじめ登録できるユーザー辞書機能を搭載しています。読み取りが不安定な文字をあらかじめ登録しておくことで、次回からはスムーズに読み取ることが可能となります。また読み取り対象物の記載フォーマットを、ハンディターミナルで撮影するだけで登録可能なフォーマット登録機能も搭載し、簡単に運用することが可能です。
3.導入から運用までお客さまをサポートする、充実のアプリケーション
規格化されたバーコードや二次元コードに比べ、OCR関連機器は導入前に慎重な実機検証が必要となります。デンソーウェーブは、お客さまが運用したいラベルの評価や、一から開発することなく運用を開始できるアプリケーション(近日発売予定)もご用意し、お客さまのスムーズな機種評価と導入をサポートします。
4.視認性に優れた3.2インチ大画面
読み取り結果を確認しやすい、3.2インチ高精細大画面液晶を搭載しています。大画面のため桁数の多い製品番号でも、容易に確認することが可能となります。
5.保護構造IP65耐落下2mのタフなボディ
保護構造IP65、高さ2メートルからコンクリート床への落下にも耐えられる丈夫さを実現しました。ハンディターミナルに水滴がかかる冷蔵庫内での作業や、落とした場合に衝撃が大きいコンクリート床の工場や倉庫の作業でも安心してお使いいただけます。
BHT-1461QWB-CE-O
出荷履歴管理などにお使いいただけます

お問い合わせ

出展者名 デンソーウェーブ
担当部署 グローバル営業企画部 企画1室
電話番号 0569-49-5230
E-mail tatsuya.norizuki@denso-wave.co.jp
URL http://www.denso-wave.com/

このブログの出展者

デンソーウェーブ

デンソーウェーブでは、小売業界にさまざまな変化やニーズがもたらされる2020年頃に向けた新たなソリューションを提案。
■Retail 2020
- オムニチャネル時代の課題に応えるソリューション
■スマートペイメント
- 決済方法の広がりやフィンテック対応のソリューション
■Products
- 新製品ラインナップ