エコプロ
社会インフラテック
気候変動・災害対策Biz

フランチャイズ・ショー

2022年3月2日(水)〜4日(金) 2022/03/02〜04 東京ビッグサイト
日経メッセ > フランチャイズ・ショー > 出展者ビジネス情報

出展者ビジネス情報

長野土鍋味噌ラーメン「たけさん」

動物性原料を一切使わない味噌ラーメン、土鍋提供で〆は雑炊

このビジネス情報の分類

2008年、修業を終えた竹田哲章が長野名物のラーメン店を作りたいという想い一心で作り上げたお店、「長野土鍋ラーメン たけさん」。
それから10年。
2号店を出す計画を立てながら、これからの10年のことを考えました。
時代は変わり、日本食の人気が世界中で高まります。

世界有数の長寿国である日本の伝統的食文化に注目が集まります。

長野名物を作りたい想い
味噌や出汁にこだわった日々
長野の健康長寿
世界からの見方、見え方

様々なものが、2号店へ一気にまとまっていきました。

長野県内でも有数の味噌の老舗である穀平味噌醸造場の敷地の一角に、2号店を構え、穀平味噌醸造場で たけさんオリジナルの味噌の製造をお願いし、世界に通用するラーメンの開発に取り組みました。

世界には74億人(2018年現在)の人々が暮らしています。

様々な宗教や思想信条で暮らしています。

より多くの方々に召し上がっていただきたいと追及していくうちに、ビーガン(動物由来の原材料は一切使わない)や、NO MSG(化学調味料は一切使わない)に出会いました。

最初は、イスラム教の方々のために、豚を使うのは止めよう・・・から始まった話が、NO豚、NO牛、NO鶏、NO魚介、NO卵、全ての動物性を排除し、化学調味料無添加を実現しました。

小布施の穀平味噌醸造場謹製の味噌の風味が前面に出つつ、ラーメンらしいパンチの効いたものが出来ました。

「信州味噌蔵ラーメン」の誕生です。

2018年1月
長野土鍋ラーメンたけさん小布施店が開業しました。

ビーガンでNO MSGの信州味噌蔵ラーメンは、新たな顧客層も開拓しました。

動物性が無いことが、こんな評価を受けうることなど想像もしていませんでした。

海外からの注目もいただきました。

そして、2019年春に海外1号店がオープン!?というお話まで舞い込んでまいりました。

健康志向時代のラーメン
その一つの姿が、たけさんにあるのかもしれません。

どんな方にも喜んでいただけるラーメン
海外フランチャイズを中心に考えておりますが、日本国内での展開に関してもご相談くだされば、喜んで対応させていただきます。

株式会社Miso Noodle
長野土鍋味噌ラーメン「たけさん」

お問い合わせ

出展者名 アセンティア・ホールディングス
担当部署 アセンティアホールディングス
電話番号 03-5614-0216
E-mail info@miso-noodle.com
URL http://www.miso-noodle.com

フランチャイズ加盟、ビジネスパートナー募集の概要

店舗の立地物件の条件 ロードサイド、ビジネス立地、繁華街、住宅街、ショッピングモール等幅広い立地に対応可能
募集エリア 北陸甲信越
現在の展開エリア 北陸甲信越
現在の店舗・業務提携先の数 直営:2店 FC:-1店
募集中の加盟者・ビジネスパートナー 法人および個人
加盟を検討する人へのメッセージ なし

契約の概要

契約期間 5年
契約更新料 なし
解約時の違約金 なし
ロイヤルティ(%または金額) 5%

標準開業資金

加盟金 300万円
保証金 なし
契約終了時の保証金返還 なし
内外装・工事費 1200万円
什器・備品等 300万円
その他 200万円
合計 2000万円
補足説明 なし
必要な資金について補足説明 その他の200万円は、設計デザイン料100万円、設計監理料100万円となっています。

モデル店の月間収入

月間売上高 300万円
売上原価 90万円
売上総利益(粗利) 210万円
営業利益 60万円
補足説明 信州味噌蔵ラーメン(ビーガンラーメン)が売上の33%で一位なのですが、こちらが一番収益性の高いメニューになります。

この製品情報の出展者

アセンティア・ホールディングス

【1】withコロナ時代に、各地方で成長可能なビジネスモデルを具体的に提案できる。貴社の課題や目標に合わせた提案が可能。
【2】貴社のノウハウを知的財産化して多店舗展開を図る。その方法がライセンス化やフランチャイズ化だ。
私たちは既に国内230社のマルチフランチャイジーと世界19カ国で現地企業のフランチャイズ加盟企業ネットワークがある。