エコプロ2022
社会インフラテック/カーボンニュートラルテック/自然災害対策展/ウェザーテック
エコプロ
社会インフラテック
気候変動・災害対策Biz

SDGs Week EXPO

2022年12月7日(水)〜9日(金) 2022/12/07〜09 東京ビッグサイト 東ホール
日経メッセ > SDGs Week EXPO > 防災・減災ソリューションの出展者一覧

防災・減災ソリューションの出展者一覧

興味のある出展者や製品のチェックボックスを選択して「資料請求する」ボタンを押すと、複数の出展者にまとめて資料請求することができます。

該当する出展者一覧

小間番号 資料請求
ガイアート
熊谷組グループのインフラマネジメント技術が生んだ、インフラの長寿命化ソリューションやサステイナブルな技術、アセットマネジメント技術を紹介する
1-002 お問い合わせ
カワハラ技研
『ほぼ紙トイレ』は被災経験者やボランティアの方々からお聞きした「被災地におけるトイレの課題」を解決するために開発した「女性目線の備蓄型個室トイレ」である。発災直後の電源不通、断水、下水道断裂、孤立とどのような状況下でも救援を待たずすぐに使用できる。軽量・工具不要で組立簡単、鍵付個室、LED照明、洋式便器、約1,600回分使用可能、全素材に可燃材を用い使用後は完全焼却でき衛生的・感染症対策。
S-004 お問い合わせ
技研製作所
地震や津波、洪水にも粘り強く耐え、急速構築できる「インプラント構造物」を紹介。環境への負荷を抑えながら、強靭(レジリエント)で持続可能なまちづくりに貢献する。また、部材の移設や再利用、撤去を前提とし、社会の変化に対応して設置場所や機能の見直しが可能な構造物「機能構造物」も紹介する。
1-023 お問い合わせ
グリーンハート・インターナショナル
断水しても使える水洗トイレ『水土浄化システム』を紹介する。トイレ汚水を循環再利用する水土浄化装置の最新小型装置『水土Mini』を展示。土壌による浄化作用を応用した本技術は、これまで上下水道未整備地等で活躍してきた。装置をコンパクトで移動可能にしたことで、都市部でも活躍できる“災害時にも対応できる普段使いのトイレ”に生まれ変わった。商業施設・学校・オフィス・公共施設・マンション等への普及を目指す。
S-029 お問い合わせ
KTX
KTX
年々深刻化する浸水被害の対策として、KTXの止水板「スーパー止水番2」を展示する。この止水板は創業から50年以上かけて培われた自動車内装の金型メーカーとしての技術と経験を活かし、コンピュータ解析での強度計算を行って設計されている。土のうに比べて漏水量や設置時間は大幅に削減、かつ軽量で誰でも簡単に取り付けやすいため多くの金融機関に採用実績がある。本ブースでは実際にデモ機での設置を体験していただける。
1-025 お問い合わせ
国際航業
多くの企業では、災害時の社員安否の確認は専用サービスを導入し自動化している。しかし、工場/施設の被害確認は手作業中心の企業が大半で、大変多くの時間と手間がかかっている。一刻もはやく、工場/施設の被害をもれなく把握するためには、安否確認のように工場/施設の被害確認も自動化することが効果的である。 工場・施設・取引先の被害を自動的に確認できる「Bois/防災情報提供サービス」をご紹介する。
1-028
小間番号 資料請求
JX通信社
FASTALERT(ファストアラート)は、報道機関、行政、BCP導入民間企業に選ばれる正確性・速報性・信頼性に優れたSaaS型防災テックサービスである。SNSを中心に複数の情報ソースの中からAIを用いて自然災害・事件・事故・情報漏洩・SNS炎上・新型コロナウイルス最新情報など様々なリスク情報を提供するサービスである。
1-027 お問い合わせ
世田谷工業振興協会
開発のきっかけは、1995年1月17日の阪神淡路大震災の被災者の声、光がないのは不安、暗闇は怖いであった。 そして、2011年3月11日の東日本大震災で改良を加速。ソーラー発電 + バッテリー+照明を搭載した、ソーラー避難誘導塔を開発し避難場所に設置。 点滅する光を頼りに避難場所にたどり着けて、会えてよかったわ~となることを願い、AE-TOWER( 会えたわ~)と名付けた。
1-042 お問い合わせ
小間番号 資料請求
大日コンサルタント
OSMOSシステムとは、構造物に光ファイバーセンサーや加速度計、変位計などのセンサーを取り付け、構造物の変化を遠隔地からモニタリングするセンサーとシステムを一体化したプラットフォームである。
1-036 お問い合わせ
ティー・アイ・トレーディング
弊社では、「世界中の良品で日本の課題を解決する」をミッションに掲げ、日本国内の製品では解決できない課題を解決する、世界各国の優れた製品をご提供。 今回の展示会では、下記商品を出展する。 ①作業者の肩や腰、腕の疲労を軽減するパワーアシストスーツ(今回の展示会では、実際に試着が可能) ②作業中の墜落・転落を防止するための墜落防止製品
1-051 お問い合わせ
東亜工業
「地図にのらない発電所」 様々な制約や束縛から【解放(Liberation)】される【空間(Cabin)】。 ソーラー発電専用設計が実現する大容量『発電』。その発電力を生かす大容量『蓄電』。 2つの機能で日常の快適と災害時の安心を実現する『フェーズフリー』なオフグリッドハウスLIBERA CABIN(リベラキャビン)を展示。
1-022 お問い合わせ
戸田建設
道路橋の老朽化に伴う床版取替工事におけるプレキャスト床版の新たな接合方法「すいすいC&T(キャット)工法」、山岳トンネルのVR安全教育ツール「バーチャルNATM®」、センシングにより覆工コンクリートの品質を高める「ジュウテンミエルカ®」と「セッテンミエルカ」、夜間や薄暗いトンネル坑内等での重機との接触災害を防止する「遠赤外線カメラとAIを用いた人物検知システム」を出展する。
1-020 お問い合わせ
小間番号 資料請求
南海電設
緊急地震速報の配信や、ピンポイントな気象情報の提供サービスであるPOTEKAなど、防災やBCP対策に役立つ商品を展示する。また、日東工業グループとして、高圧受変電設備のリニューアル事業についても展示。他にも、電気自動車(EV)の充電器や、緊急時に備え、商用電源の確保が困難な場所にも設置可能な完全独立電源システム、電気火災の未然防止に貢献するスパーテクトなどの展示を行う。
1-038 お問い合わせ
日本気象協会
激甚化する気象災害への予防策、対応策としての気象リスクマネジメントツールや各種システム、地球温暖化、エネルギー問題、交通運行支援などのコンサルティング技術、日本気象協会の多種多様なサービスを紹介する。
1-043 お問い合わせ
日本防災プラットフォーム(JBP)
JBPは、民間主体・産官学連携の防災プラットフォームである。国内外の災害による被害を削減することに、企業が事業を通して貢献することを推進しており、多種多様な防災技術と、国内外における活動実績を有する企業/団体が約100社・団体所属している。 JBPの活動と、JBP会員企業の防災技術を紹介する。
1-029 お問い合わせ

該当する製品情報一覧

製品
小間番号 資料請求
スパーテクト
スパーテクトは地絡・短絡・トラッキング・断線等が原因で引き起こされる火花放電のノイズを監視し電気火災の未然防止に貢献する製品。
1-038 お問い合わせ

チェックした出展者に一括で資料請求する