日経メッセ > 建築・建材展 > ヤマガタヤ産業

出展者情報

ヤマガタヤ産業

東濃桧を主成分とした塗り壁「Mokkun」を提案する。木粉を50%以上配合、その他配合材料はすべて自然素材でできている。自然派志向の方や、店舗におすすめする商材である。また、当社のオリジナル製品である、藍染や鏡面塗装などの日本伝統工芸の塗装を施した無垢一枚板は圧巻である。これらを中心に無垢素材を使用した健康住宅や特徴のある店舗づくりを提案する。

企業情報

担当部署 戦略企画室
住所 〒501-6019
岐阜県 羽島郡岐南町みやまち1-3
電話番号 058-213-0222
e-mail akiko_sumi@ymg-s.co.jp
URL http://www.ymg-s.co.jp
英文社名 YAMAGATAYA INDUSTRY
木の塗り壁、一枚板など無垢素材を使った住宅および店舗の提案
洋室には白色の塗り壁がマッチ。コテで模様をつければ、一段と雰囲気が変化する。
「藍染」と無垢一枚板のコラボレーション。日本の美を追求した一枚である。

事業内容

創業99年を迎える岐阜の老舗材木屋である。現在は住宅資材総合商社として、「木材・建材・住宅資材の販売」をはじめ、「プライベートブランド商品販売」「プレカット」「国産木材の輸出」なども行っている。
私たちは創業以来木の恵みにありがたみを感じながら、木との共生を考えてきた。そして今や住まい全体や暮らし方を提案する立場において、木だけでなく環境との調和は必須であると思っている。
太古の昔から木の住まいで生活を営んできた日本人が、住まいの材料として選んだのは、木材が何より建築材料として適していたからである。自然の恵みである木材が持つ調湿作用や断熱効果。そして天然の木が放つ香りの鎮静作用や殺菌効果などを知っていたからである。
私たちは再生可能な木材資源を有効に利用し、健康的な住まいを提案し続けていきたいと思う。
近年は、岐阜の地域特性を生かして銘木(無垢一枚板)の国内外販売にも力を入れている。銘木とは樹齢の高いもの、木目の美しいものを指す総称である。私たちは常時100樹種、6000枚以上の在庫量をもち、様々な顧客の要望に応えられるようにしている。
これらの無垢一枚板は主に、テーブル天板やカウンター材として提案している。仕上げ加工は一般的に「自然オイル仕上げ」「ウレタン仕上げ」など自由に選んでいただける。最近では日本の伝統工芸技術にも着目し、「藍染め」「漆塗り」「柿渋塗り」といった日本古来の自然由来の塗料とのコラボレーション作品も展開している。
これらの商品は「板蔵」というブランド名で海外にも販売している。現在台湾、中国、韓国、シンガポールにて販売実績がある。
またさらにプライベートブランド「Vert(ヴェール)シリーズ」では、無垢にこだわり、また自然素材を使った壁材、床材、建具、タイルなど展開している。
その中でも特に力を入れているのが東濃桧を主原料にした塗り壁材である。東濃桧をベースにしながら、「シラス」「タピオカでんぷんのり」などの自然素材を使った塗り壁材である。アレルギー体質の方にも安心して使っていただける自然由来の商品で、東濃桧の持つ優れた「調湿性」「消臭機能」も注目され、また癒し効果にも期待される製品である。

ソーシャルメディア

Facebook