日経メッセ > 建築・建材展 > タナックス

出展者情報

タナックス

工場や倉庫など現場での人手不足や、働き方改革の重要性が問われる昨今、自動化や最適化が進む。中でも見落としがちな「梱包」。
梱包する物の3辺サイズにぴったり合わせた段ボールを、自動で製造や包装を行う、タナックスの『Just fit BOX(ジャストフィットボックス)』は、人手不足の解消、物流コスト削減、環境対策まで叶えられるシステムである。特に、定型サイズの箱に入らないものほど、効果を発揮する。

企業情報

担当部署 物流ソリューション部 営業戦略部
住所 〒141-0032
東京都 品川区大崎1-6-1 TOC大崎ビルディング18F
電話番号 03-3495-6055
e-mail info-bod@tana-x.co.jp
URL http://tana-x.co.jp/
英文社名 TANAX
MIDI(ミディ):梱包する物の3辺にぴったりあわせた段ボール箱を製造。定型サイズの箱に入らない商品の梱包に適している。
追従運搬ロボット「サウザー」:最大積載量は120kgで、現場の重量物を屋内外問わず運搬できる。傾斜や不整地も走行可能。

事業内容

株式会社タナックスは、今年で創業112周年。
セールスプロモーション(店頭販売促進)事業、産業・商業用包装資材などの企画・開発から製造まで一貫したサービスを提供する、“総合クリエイティブ企業”である。長年、包装梱包の改善に取り組んできた当社は、“段ボール”を取り巻く物流の環境に目を向け、「物流ソリューション部」を立ち上げた。
タナックスの『Just fit BOX(ジャストフィットボックス)』は、梱包する物の3辺サイズにぴったりあわせた段ボールを、自動で製造や包装を行うシステムである。
当社の物流ソリューションは、単に人を減らす「省人化」ではなく、多品種でも生産性を維持して最低限の人員での作業を実現することで全体効率化を図る「少人化」を推進し、“人に優しい物流”を目指す。
タナックスの『Just fit BOX(ジャストフィットボックス)』は、近年、深刻化する人手不足解消や、資材費・輸送費などの物流コスト削減、環境対策を考慮し「梱包」の最適化を実現。物流・製造現場のさまざまな課題に“ジャストフィット”な商品やサービスの提供を行っている。