エコプロ
社会インフラテック
気候変動・災害対策Biz

建築・建材展

2020年3月3日(火)〜6日(金) 2020/03/03〜06 東京ビッグサイト
日経メッセ > 建築・建材展 > BRANU

出展者情報

BRANU

小間番号 : AC2230
建設業のデスクワークをもっと楽にする施工管理アプリ「CAREECON for WORK 施工管理」を紹介。

企業情報

担当部署 経営企画室
住所 〒106-0032
東京都 港区六本木6-1-24 ラピロス六本木4F
電話番号 03-5413-4820
e-mail press@branu.jp
URL https://branu.jp/
英文社名 BRANU
アプリで建設のデスクワークを効率的に!施工管理者・職人の業務時間をグッと短縮!
これまでの施工管理アプリでは実現できなかったシンプルな操作性が魅力。ITツールに慣れていない職人も、無理なく使える。
施工管理のほか、協力会社とのマッチングや請求書買取、ホームページ制作・運用など、建設業のビジネス支援サービスをご用意!

事業内容

■事業内容
弊社は創業以来、10年にわたって中小建設業向けのデジタルツールやサービスを開発・販売している。
これまでに5,000社以上のお客様にツールを導入いただき、集客や採用に成功した方から多くの喜びの声をいただいた。

2019年からは、建設業界の中小企業のデジタルトランスフォーメーションを促進するために「CAREECON 建設DX Platform」構想に着手。
建設業の方がストレスなくデジタルツールを取り入れ、より効率的に集客・人材採用・協力会社とのつながりの構築などができるよう、下記のツールを開発し、支援している。

・慣れていない方でも簡単にホームページを制作・編集・運用できる「eat」
・オンライン上で全国の建設業者とつながれる「CAREECON」
・今回ご紹介する「CAREECON for WORK 施工管理」

また今後は下記のデジタルツールを開発予定。

・アプリ上で取引先を簡単に管理するための「顧客管理ツール」
・Webでの集客をサポートする「マーケティング支援ツール」

どのデジタルツールにも共通しているのは「シンプルさ」を追求しているということ。
複雑なツールでは使いこなせるようになるまでに時間がかかり、アナログからデジタルへの転換に失敗してしまう。
なので、私たちはこれまでデジタルツールを導入していなかった建設業の方でも
ストレスを感じることなく使える「シンプルさ」「分かりやすさ」を目指している。


■私たちが目指していること
私たちの行動指針は「テクノロジーで建設業界をアップデートする」。
建設業は大型産業であり、衣食住の1つをつかさどる基幹産業だといえる。そのうち中小企業の比率は96%と高いのも確か。
また中小建設の多くがデジタルツールの導入ができておらず、職人の労働環境が悪化するとともに、元請けからの集客もできていない。
その結果、多重下請け構造によって中小企業の利益率が下がっているのが現状である。同時に現場で働く職人の負担が大きくなり、若い人材が離れはじめている。

日本を支えている建設業界に逆風が吹いているのはおかしい。
私たちはITツールを通して建設業の働き方を変えたいと、本気で思っている。そして10年をかけて5,000社の方々にツールを開発・提供し続けてきた。
「CAREECON 建設DX Platform」構想は、10年の集大成ともいえる取り組みである。
産業構造や情報流通の歪みをテクノロジーで正すことで、若者が誇りを持って働けるような、豊かでカッコいい業界へと導くのが目標だ。

ソーシャルメディア

Facebook