エコプロ
社会インフラテック
気候変動・災害対策Biz

建築・建材展

2021年3月9日(火)〜12日(金) 2020/03/09〜12 東京ビッグサイト
日経メッセ > 建築・建材展 > デザインアンドイノベーション

出展者情報

デザインアンドイノベーション

小間番号 : AC1412
木造アパート関係者必見。「家賃2カ月分で実現する木造アパートの耐震補強」
炭素繊維強化プラスチック製の柱脚部補強板「AIプレート」は、地震などの強い外力が加わった時に、木製部材やビスに先行して「AIプレート」の炭素繊維が徐々に破断することで木構造物全体の脆性破壊を回避できる。簡単施工で総工事費は安価で、投資回収性を重視する木造アパートに最適である。

企業情報

担当部署 担当者 坂本明男
住所 〒145-0064
東京都 大田区上池台5-24-14
電話番号 090-8814-7339
e-mail info@dandi-co.com
URL https://www.dandi-co.com
英文社名 DESIGN AND INNOVATION
古い木造アパートは耐震補強が必須!炭素繊維製柱脚部補強部材で層崩壊を回避!
炭素繊維製柱脚部補強部材の「AIプレート」は、ビスで固定するだけの簡単施工である。
炭素繊維製柱脚部補強部材の「AIプレート」は、炭素繊維が徐々に破断することで木造建築物の脆性破壊を回避できる。

事業内容

デザインアンドイノベーション株式会社は、炭素繊維の軽量高強度などの様々な特性を活用し、様々なソルーションを提供する会社である。特に、木材と炭素繊維との複合化分野で、多数の特許を含む独自技術を有している。
熊本地震の際に近隣の建物が崩壊を免れるなかで、3棟の古い木造アパートだけが層崩壊を起こし死亡者を発生した報道写真に接し、木造アパートには、特有の経済的及び技術的な課題があることを発見した。このままの状況が放置されれば、首都直下地震時には甚大な被害が発生すると予想される為、炭素繊維を使った効果的な工法を開発し、本展示会において展示する。
その技術の特徴は、北海道大学大学院農学研究院木材工学研究室と共同開発を行い特許も共同で出願した、炭素繊維を補強部材に使用していることである。繊維方向以外は極端に強度が低い木材の特性を考慮し、木材より先に炭素繊維が徐々に破断し、構造物全体の急激な崩壊を回避している。従来の金属製補強部材では大きな外力が加わると取付部材が木材側を割裂等で破壊してしまい、構造物の崩壊に至る。
木造アパートに特化した耐震補強事業を展開したい。工事部門を持つアパート管理会社を普及パートナーとして期待している。管理責任の一環として協力して頂ければ幸いである。