エコプロ

2023年12月6日(水)〜8日(金) 2023/12/06〜08 東京ビッグサイト 東ホール
日経メッセ > エコプロ > LCA Plus - 三井物産

出展者情報

LCA Plus - 三井物産

小間番号 : 4-045
三井物産は、国内初の製品単位温室効果ガス(以下「GHG」)排出量可視化プラットフォームLCA Plusを提供、サプライチェーンを通した課題解決に取り組んでいます。LCA Plusを通して、企業は自社製品のライフサイクルを通じて排出されるGHG排出量が算定可能となるだけでなく、サプライチェーンのGHG情報の収集、製品販売先への報告、自社内でのGHG排出削減に向けたシミュレーションなどを行えます。

出展内容の分類

  • 建設、建築・建材
  • 化学
  • 容器・包装
  • 自動車・輸送用機器・関連機器
  • 温暖化防止

企業情報

担当部署 鉄鋼製品本部次世代事業開発部、パフォーマンスマテリアルズ本部機能材料事業部
住所 〒100-8631
東京都 千代田区大手町1-2-1
電話番号 070-3832-2316
e-mail contact@lcaplus-pf.com
URL https://lcaplus-pf.com/#/index
英文社名 MITSUI &CO.,LTD.

環境に配慮しているポイント

  • 製造過程で使用する素材を改善
  • 製造過程で必要なエネルギー・水資源を削減
  • 製造過程における廃棄物・排出物・放出物を削減
  • 使用時に省エネルギー・節水
  • 使用時に低公害・低エミッション
  • 廃棄時における廃棄物量を削減
  • 廃棄時に排出される有害物質・環境汚染物質を削減
  • 環境情報を表示した製品・サービス

SDGsの取り組み

製品単位の温室効果ガス排出量可視化プラットフォーム
LCA Plus御紹介

事業内容

三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀健一、以下「三井物産」)は、国内唯一のISOに基づくカーボンフットプリント認証機関である一般社団法人サステナブル経営推進機構(所在地:東京都千代田区、代表理事:壁谷武久、以下「SuMPO」)と共同開発した、ライフサイクルアセスメント(以下「LCA」)手法に基づく製品単位温室効果ガス(Greenhouse Gas、以下「GHG」)排出量可視化プラットフォーム、「LCA Plus」のサービスを開始しました。
HPのURL:
https://lcaplus-pf.com/
三井物産は、2021年5月の事業構想公表以降、自動車メーカー・消費材メーカーなど約30社の企業と実証実験を行い、企業が自社製品の調達や輸送、生産等のサプライチェーン全体におけるGHG排出量を可視化・算定できるプラットフォーム「LCA Plus」を構築しました。
「LCA Plus」は、ライフサイクル思考に基づいた製品の環境マネジメントを可能とするISO14040、ISO14044、ISO14067、経産省・環境省のガイドラインに基づく算定機能を有した国内初の製品単位のGHG排出量可視化プラットフォームであり、現在特許出願中です。「LCA Plus」を用いることで、企業は自社製品のライフサイクルを通じて排出されるGHG排出量を容易に算定可能となるだけでなく、サプライチェーンのGHG情報の収集、製品販売先への報告、自社内でのGHG排出削減に向けたシミュレーションや進捗管理等も可能となります。
三井物産は本取組みを通じ、グローバル市場における日本の脱炭素技術・関連サービスの存在感発揮に努め、関連企業の皆様とも連携しながらカーボンニュートラル達成を目指します。
三井物産は、「中期経営計画2023」の重点領域の一つとして「サステナビリティ経営/ESGの進化」を設定し、2050年の「あり姿」としてGHG排出量実質ゼロの方針を掲げています。また、エネルギーソリューションをStrategic Focusのひとつに掲げ、気候変動対応に資する事業を創出することを目指しています。LCA Plusを通じて、企業や自治体のGHG削減への取組みを総合的にサポートし、環境と調和した社会づくりに貢献します。

資料ダウンロード