日経メッセ > フランチャイズ・ショー > タキダエンタープライズ

出展者情報

タキダエンタープライズ

羽田空港や東京スカイツリー、あべのハルカス等への出店を実現した。新鮮な海産物を姿そのまま焼き上げる実演販売により、インバウンド需要が非常に高まっている。10坪の東京スカイツリーの坪売上は月間75万円である。また1日12時間の営業で、3~4名体制で20~40万円売り上げることが可能である。和菓子業界では異例のFC展開で、今後国内外問わず出店を考えている方にお立ち寄りいただきたい。

企業情報

担当部署 企画営業部
住所 〒108-0075
東京都 港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28F
電話番号 03-6433-9866
e-mail kato-takida@senbei.biz
URL http://www.takida-ep.jp/
英文社名 TAKIDA ENTERPRISE
実演型和菓子フランチャイズの魅力についての展示
幅広い世代に愛されている『姿そのまま焼き』。
縁起も良いのでハレの日の贈り物として大変ご好評いただいている。
東京スカイツリーで実演販売をしている様子。
豪快なパフォーマンスで大好評。

事業内容

① ユーザーの幅広さ
駅ナカのお菓子業界では、店舗ブランドの入れ替わりが激しい中、10年以上続けられているメーカーは稀である。「越前海鮮俱楽部」はその稀なブランドの1つであり、新宿駅・池袋駅に常設店舗を構えている。その為、手土産や自家需要など様々なご要望にお応えする商品を用意している為、リピーターのお客様も非常に多い。また、東京スカイツリーや羽田空港にも店舗を構えている為、インバウンドの認知度も高まっている。

② 「海鮮手焼きせんべい」の実演販売で海産物の高付加価値化を実現
現在は東京スカイツリー店や香港一の百貨店である香港SOGO百貨店の店頭にて実演販売している。お客様の目の前で生の海産物を「姿そのまま」海鮮煎餅にする演出と、あつあつのおいしさを提供する事で国内・海外からの注目を集めている。1枚350円(香港では500円)の高単価な商品でも売れる繁盛店をつくりあげた。

③ フランチャイズ事業の強化
設立25周年の第2創業期に向かい、和菓子業界では異例のフランチャイズ事業の立ち上げを開始。これまで同社の社長が牽引してきた独自の経営ノウハウや、商品開発、店舗運営での販売手法などをパッケージ化し、スーパーバイザーとしての指導メニューの開発を徹底して行なっている。また、VR(バーチャルリアリティー)カメラを通じて売り場の「活気」や「接客の魅力」を体験して頂くなど、「体験型マニュアル」を積極的に実施。

ソーシャルメディア

Facebook