エコプロ
社会インフラテック
気候変動・災害対策Biz
日経メッセ > フランチャイズ・ショー > カイザーキッチン

出展者情報

カイザーキッチン

シュマッツは急成長中のドイツビールのレストラングループで、日本橋高島屋やアークヒルズにも出店しており、現在11店舗を東京にて展開している。ドイツビールもここ日本で作っているため、フランチャイズのビジネスモデルの中核となる。元々フードトラックから始まったビジネスを成長させ、世界で一番のドイツレストランになることを目指している。

企業情報

担当部署 フランチャイズ
住所 〒107-0062
東京都 港区南青山6-14-11 ロジュ南青山1-B
電話番号 03-6721-1142
e-mail charles.decarvalho@schmatz.jp
URL https://www.schmatz.jp/
英文社名 Kaiser Kitchen
近いうち、世界の「行きつけ」の美味しくお手頃なドイツ料理とビールのお店となる
SCHMATZ msb Tamachi:業界最低レベルのCAPEXでブランドの象徴的なデザイン要素を取り込んだ実例店舗。
サンプルメニュー:提供しているフードとデザイン材料のスナップショット。美味しく、出来立てでシェアしやすく作られている。

事業内容

シュマッツは3人のドイツ人によって、世界中に私たちの美味しいドイツビールとドイツでは親しまれている料理を広げるため東京で設立された。作りたかったのは、誰もが迎え入れられ、アットホームな感覚と家族のように接されるモダンなレストランである。シュマッツでの飲食は楽しく、美味しく、ワクワクした体験ができる。また、独自のドイツビールを醸造し、ドイツ料理と日本料理をひねった料理も調理している。
シュマッツとは、「幸せの音」を表すドイツ語。「おいしいものを食べたときにおもわず舌がなっちゃう音」や、「大好きな人のほっぺにキスをするときの音」を意味している。
SCHMATZでは、全てのお客様に“ザ・シュマッツ・エクスペリエンス”をご体験いたただくことを目指している。ドイツ語で”Gastfreundschaft” という言葉が表す『ホスピタリティ』のように、お客様(Gast)と友情(Freundschaft)を大切にし、ゲストを自宅に招き入れたような暖かい空間、居心地の良い時間を過ごしていただけるよう心掛けている。
私たちはひとつの大きな家族になることを望むため、大きな目標の達成のために人一倍努力をする。それぞれの個人的な目標や、個人の成長を後押し、何をやるにも全力を尽くし、ゲストの皆様も家族のように接する。おいしいビールと、厳選された素材を使い、真心こめた料理を、とびっきりの笑顔と一緒に提供している。
都会の中にある、ドイツのビール醸造所をイメージしたシュマッツへようこそ。Good beer Good food Good friendsを合言葉に、和とドイツを融合した、新しいスタイルの進化系ドイツめしやクラフトビールをお楽しみあれ。シュマッツでは国内最大級のドイツクラフトビールのラインナップを誇る。オリジナルビールは全て国内の醸造所で生産されているので新鮮である。ドイツのビール純粋令に従って、水・ホップ・麦・酵母で造られている。
シュニッツェルや本場のソーセージなどドイツ人にとってのソウルフードだけでなく、ガーリックチーズ枝豆やジャーマンタルタルから揚げなどの日本人には馴染みのあるメニュー。シュマッツでは、和とドイツを融合した、進化系ドイツめしをご体験あれ。

ソーシャルメディア

Facebook