エコプロ
社会インフラテック
気候変動・災害対策Biz

社会インフラテック

2019年12月4日(水)〜6日(金) 2019/12/04〜06 東京ビッグサイト
日経メッセ > 社会インフラテック > 日本工営

出展者情報

日本工営

小間番号 : IN-144
日本工営(株)は、交通インフラ(道路・橋梁・トンネルなど)、水インフラ(ダム、河川管理施設、上下水道、水力発電施設・工業用水など)の点検・診断・計画設計・マネジメントに関するサービスをワンストップで提供する。本展示では、これらのサービスのコアとなるロボットやソフトウェアなど新技術を活用した点検診断技術等を紹介する。

企業情報

担当部署 日本工営株式会社
住所 〒102-8539
東京都 東京都千代田区九段北1-14-6 日本工営株式会社九段オフィス
電話番号 03-3238-8113
e-mail a4797@n-koei.co.jp
URL https://www.n-koei.co.jp/
英文社名 NIPPON KOEI
モモタロウ:本技術は、断水が困難な水路トンネルの点検を通水中に無人で行うロボットである。

事業内容

社会資本ストックの老朽化(国家的社会リスク)が進展する中、適切にストックの状態を診断し長寿命化を図ることは、国民の「日常生活における安全・安心対策の推進」にとって重要となっている。そして、コストの縮減・平準化を目的とした予防保全的管理への転換に向け、社会資本の戦略的維持管理の推進を益々加速していく必要がある。 インフラメンテナンス・インフラマネジメントの技術分野では、非破壊調査技術や数値解析技術を駆使し、橋梁やダムなど社会資本の構造的な弱点や劣化傾向を適切に評価する。これらの構造物の評価結果に基づき効果的・効率的な保全対策設計や維持管理計画の提案を行っていく。