エコプロ
社会インフラテック
気候変動・災害対策Biz

社会インフラテック

2019年12月4日(水)〜6日(金) 2019/12/04〜06 東京ビッグサイト
日経メッセ > 社会インフラテック > 朝日航洋

出展者情報

朝日航洋

小間番号 : IN-175
1.ドローン測量サービス「くみき」:3D・オルソ画像を自動生成するクラウドサービス
2.河川や海岸分野における3つの新技術を紹介
①水中点検フロートロボット:河床や河川管理施設の点検の高度化・効率化を支援
②CalSok 刈測(かるそっく):除草と同時に詳細な堤防形状データを取得
③航空レーザ測深システム:陸上部と水中部のシームレスな3次元地形データを同時取得

企業情報

担当部署 営業企画部
住所 〒350-1165
埼玉県 川越市南台3-14-4
電話番号 0492444817
e-mail https://www.aeroasahi.co.jp/contact/spatial/
URL https://www.aeroasahi.co.jp/
英文社名 AERO ASAHI
道路・鉄道・電力等、インフラの維持管理を空間情報技術を活用しサポートします。
航空レーザ測深システム、水中点検フロートロボット
CalSok 刈測(かるそっく)

事業内容

私たち朝日航洋は、ヘリコプターとビジネスジェット機を軸とした「航空事業」、国内屈指の計測技術を駆使した「空間情報事業」という、2つの事業を核に展開する「情報未来のオンリーワン企業」である。
航空事業では、救急医療の現場で実績ナンバーワンを誇る航空医療搬送の運航、地上からの接近が困難な山間地や海上への物資輸送、航空撮影や報道取材といったフィールドで幅広い航空サービスを展開している。
一方の空間情報事業では、音波や電磁波といった最先端のデジタルセンサーを用い、使用目的に合った計測技術(航空レーザ計測、モービルマッピングシステム、海底探査など)と解析技術と融合させた高精度な空間データの作成・提供を行っている。これらのデータは、道路、上下水道、ガス、電気といったインフラ整備に活用されているほか、ハザードマップや避難経路の位置情報など防災支援の分野にも広く役立てられている。また、地図を通して固定資産評価ができるシステムでは業界のリーディング企業である。