エコプロ
社会インフラテック
気候変動・災害対策Biz

社会インフラテック

2019年12月4日(水)〜6日(金) 2019/12/04〜06 東京ビッグサイト
日経メッセ > 社会インフラテック > 三井住友建設

出展者情報

三井住友建設

小間番号 : IN-143
社会インフラの維持管理及び災害対策の効率化・迅速化が求められている中、老朽化する橋梁やトンネルの効率的な点検調査・計測技術や、事業継続ソリューションを紹介。
トンネル調査・点検システム(MOLE-FMR)/斜張橋ケーブル点検ロボットカメラ/橋梁点検アプリ/出来形検測システム(SMC-スマートメジャー)/ISO55001取得/電気自動車電源でエレベーターを稼働/ビルディングレコーダー

企業情報

担当部署 広報室
住所 〒104-0051
東京都 中央区佃二丁目1番6号 リバーシティ M-SQUARE
電話番号 03-4582-3015
e-mail information@smcon.co.jp
URL https://www.smcon.co.jp/
英文社名 SUMITOMO MITSUI CONSTRUCTION
橋梁やトンネルの点検・調査技術や、停電時に役立つ動力電源供給システムなどを紹介
トンネル内面に補修履歴や過去の点検結果を3D画像で表示、その場で現状と比較・点検できるトンネル調査・点検システム
EV(電気自動車)から得られる電源を、災害に伴う停電時に建物のエレベーターや給水ポンプで利用できるシステム

事業内容

三井住友建設は、三井グループ・住友グループの建設会社として歩んできた2社が、培った技術やノウハウを融合し、2003年新たな形で誕生した総合建設会社である。時代とともに変化する多様なニーズに応える企業として、土木分野および建築分野における実績を活かし、技術を磨きながら、そのフィールドを世界に広げて展開し、建設事業を通して、いつまでも変わらない価値を提供する「信頼の三井住友建設ブランド」の構築を目指している。
手がける事業は、土木・建築・海外の3つの事業。お客様に期待される真の価値を提供するため、「プロセス」に持てる力を存分に発揮し、他に負けないナンバーワンの分野を事業の柱としながら、くらしに関わる幅広い分野で事業を展開してる。
土木事業では、「いつものあたりまえを、いつまでも。」をテーマに、PC(プレストレスト・コンクリート)橋分野を柱としながら、山岳トンネル、シールド、道路、造成工事など、常に先進の技術とノウハウで社会基盤の整備に取り組み、建築事業では、「あったらいいなを描いて、カタチにする。」をテーマに、マンション建設の分野を柱に、事務所ビルや商業施設、さまざまな産業の生産施設等、幅広い分野でのお客さまのニーズにあわせた建物を提供している。そして、近年注力する海外事業では、「日本のものづくり品質をアジアへ、世界へ。」をテーマに、いち早く築き上げたアジア地域の力強いネットワークを生かしながら、日系企業の進出支援やODA事業を通して国際社会の発展に貢献している。