エコプロ
社会インフラテック
気候変動・災害対策Biz

JAPAN SHOP

2022年3月1日(火)〜4日(金) 2022/03/01〜04 東京ビッグサイト
日経メッセ > JAPAN SHOP > 共和鋼業

出展者情報

共和鋼業

小間番号 : JS1609
ひし形金網の特性を活かし、新しい可能性に挑戦する共和鋼業。ひし形金網を「編む」ことにこだわり新しい何かを「生む」=「AMU UMU(アムウム)」ブランドを立ち上げた。その第一弾として、デザイナーの倉本仁氏とタッグを組み生み出されたベンチを展示する。ひし形金網の持つ弾力性、剛性といった機能に倉本氏のデザインがプラスされた、座り心地のよい、ずっと座っていたいベンチを体験していただきたい。

企業情報

担当部署 東大阪営業所
住所 〒578-0921
大阪府 東大阪市水走5-8-10
電話番号 072-966-8331
e-mail kyowakogyo.1982@k4.dion.ne.jp
URL https://www.kyowakogyo.net/
英文社名 KYOWAKOGYO
ひし形金網で新しいものづくりに挑戦します!
ひし形金網を座面に用いたずっと座っていたくなる座り心地を提案するベンチ。見た目にもすっきりとして周囲環境にも調和する。

事業内容

共和鋼業はひし形金網を製造しており、網目10mmといった極細目のものから100mmといった大きいものまで製造が可能である数少ないメーカーである。また、屋根からの落雪を防止するオリジナルブランド「ゆきもちくん」の製造元ともなっており、全国の積雪地で利用されている。
ひし形金網は一般にはネットフェンスや落石防護用として用いられ、暮らしの「安心、安全」に貢献している。
2019年にはネットフェンス(安全)にネットの形状を縦長に変え、また色を自由に組み合わせることができるデザイン・景観をプラスした「Nitfence(ニットフェンス)」を発売、グッドデザイン賞も受賞するなど新しい展開を積極的に行っている。
共和鋼業のひし形金網は、その多様性から建物の壁面に意匠として採用されたりと様々なシーンで取り入れられている。
ひし形金網は1本の線が折り重なって編み出されるまさに織物のようなものである。そのひし形金網の持つ柔軟性や剛性などの特長に注目し、活かしていくことで暮らしに「楽しさ・快適さ・ワクワク」を提案できるように「ひし形金網研究所」を立ち上げ、その開発に注力している。
今回は新規ブランド「編む」ことにこだわり何かを「生む」「AMU UMU(アムウム)」を立ち上げた。研究所発の新しい「AMU UMU」がどんどん生まれるよう注力していく。

ソーシャルメディア