エコプロ
社会インフラテック
気候変動・災害対策Biz

JAPAN SHOP

2022年3月1日(火)〜4日(金) 2022/03/01〜04 東京ビッグサイト
日経メッセ > JAPAN SHOP > WOTA

出展者情報

WOTA

小間番号 : JS1614
展示会では、水道のない場所での水利用を可能にする水循環を用いた次世代の自律分散型水インフラの研究開発・事業を行うWOTA(ウォータ)株式会社の2つのプロダクト、「水道いらずの手洗いスタンドWOSH(ウォッシュ)」 と、「様々な水需要に応えられる汎用型の水循環システムWOTA
BOX(ウォータ ボックス)」を、専門スタッフが体験型で紹介する。

出展内容の分類

企業情報

担当部署
住所 〒170-0004
東京都 豊島区北大塚2-33-20
電話番号 03-3576-5105
e-mail
URL https://wota.co.jp/
英文社名 WOTA
WOTAの水再生技術で実現したプロダクトを実際にご体験頂くことが可能です。
感染症対策の新たなスタンダードを目指す、世界初、水道いらずの手洗いスタンド「WOSH(ウォッシュ)」
被災地の避難所での屋内シャワーなど、様々な水需要に応えられる汎用型の水循環システム「WOTA BOX」

事業内容

WOTA(ウォータ)株式会社は、「誰でもどこでも水の自由を」をミッションに、水循環を用いた次世代の分散型水インフラの研究開発、及び事業展開するスタートアップ企業である。現在は、水循環型ポータブル手洗いスタンド「WOSH」と、自律分散型水循環システム「WOTA BOX」の販売を主軸にビジネスを展開している。「WOSH」は、水道に依存しない、水循環型ポータブル手洗い機である。独立型のポータブル設計となっており、病院や学校、商業施設やレストラン、カフェなどの飲食店の店舗前など、水道のない場所でも手軽に設置が可能。また、供給水質の安全性を担保するために、膜ろ過・塩素添加・紫外線照射の3段階の水再生処理を搭載し、WOTA独自のAI・IoTによる水質管理テクノロジーにより、WHOの飲料水ガイドラインや各国の飲料水基準に準じた完全に衛生的な水を供給する。さらに、スマートフォンのUV除菌機能も搭載しており、手を洗っている間、スマートフォン表面についた新型コロナウイルスを含むウイルス・菌の99.9%以上を除菌することで、手とスマートフォン両方が除菌できることから、より有効な感染症対策として注目されている。「WOTA BOX」は、水道がなくてもシャワーや手洗いをはじめとした様々な水回り設備に接続可能な水循環システムである。水循環の技術により、排水をろ過して繰り返し循環させることで、排水の量を通常の50分の1以下に抑えることが可能となり、100Lの水で約100回のシャワー・入浴が可能になる。配管工事が不要で、電源を確保できれば短時間で設置し快適な水が使えるため、災害時をはじめ、屋外イベントなど様々なシーンでの活用が可能。またAIによる水質監視・管理により、常に安全な水が利用できる。さらに「WOTA BOX」と組み合わせて利用できる「屋外シャワーキット」は、プライバシーを担保し安心して入浴できる空間を、コンパクトに収納してワンタッチで展開できる折りたたみ式テントで実現。2人で15分で手軽に設置・展開が可能。本製品は公益財団法人日本デザイン振興会主催の「2020年度グッドデザイン大賞」を受賞している。
今後も、水循環を用いた次世代の自律分散型水インフラの研究開発・事業展開を通して、人類と自然の共生を実現し、世界の水問題を解決するべく、プロダクト・サービスの改善に努めるとともに、研究開発・事業展開をより一層強化していく。