出展者情報

丸二

古来“襖紙”として日本の和室を彩ってきた「京からかみ」は、住環境の多様化に伴い、“壁紙”や“パネル”といった新しい形で、商業空間を中心に「和」の演出として、建築へ取り入れられてきている。
文様や色の配色によって様々な雰囲気を作り出せるため、今回は壁一面に多数の組み合わせを展示。手摺りゆえの自由なコーディネートを楽しむことができる。また、次世代の壁紙として色艶の美しい“漆からかみ”も紹介。

企業情報

担当部署 からかみ事業部
住所 〒600-8076
京都府 京都市下京区高辻通堺町東入ル泉正寺町462
電話番号 075-361-1321
e-mail karakami@maruni-kyoto.co.jp
URL http://www.maruni-kyoto.co.jp
英文社名 MARUNI
“文様・紙色・摺り色”これら三種による無限の組み合わせを体感下さい。
漆からかみパネル (ブライダルサロン) 施工例
京からかみ(大雲) 壁紙としての施工例

事業内容

弊社は、京都の伝統工芸品「京からかみ」の製作・発売元で、現在約300枚余りの版木を所有している。主に寺社・茶室・一般住宅等の襖紙や壁紙の用途とされている。
京からかみとは、中国の唐から伝わった美術紙で、日本では平安時代より現在もその伝統的手法を受け継いで、古くは180年前から伝わる木版に昔ながらの絵具を使い、伝統文様を手のひらで一枚一枚紙に摺り上げる。その人肌と木肌による独特の風合いを、伝統建築に留まらず現代建築の空間や店舗・ホテル旅館などへも採用されるように販路拡大中。また新規事業では、京からかみの手法や版木の味わい・デザイン、各文様の意味合いをコンセプトにしたギフト商品も企画販売。夢限に広がる京からかみの世界を、異なる切り口から展開し、世界を皆様に和のしつらえから現代のライフスタイルまで唐紙を通して提案する。

ソーシャルメディア

Facebook