日経メッセ > JAPAN SHOP > 東京パワーテクノロジー

出展者情報

東京パワーテクノロジー

「カルダン外壁パネル」は、外壁材(鉄骨造、非耐力壁、1時間耐火)であり、超軽量(650kg/㎥、水に浮く軽さ)でありながら、圧縮強度が6.0N/㎟以上の高強度を有し、高断熱性能も有する。コンクリート素材感を生かした意匠性の高いパネル。お客様のオーダーメイドにより、表面の凹凸模様、着色が可能。型枠に充填し製造するので、自由な寸法および形状で製造が可能である。内装用の「デザインパネル」も製造可能。

共同出展者

企業情報

担当部署 土木建築事業部
住所 〒135-0061
東京都 江東区豊洲5-5-13
電話番号 03-6372-4932
e-mail caldan@ml.tokyo-pt.co.jp
URL http://www.tokyo-pt.co.jp/
英文社名 TOKYO POWER TECHNOLOGY
コンクリート素材感を生かした意匠性に優れ、超軽量で高強度な外壁パネルである。
コンクリート素材感を生かした意匠性に優れた外壁パネルである。店舗の内装用のデザインパネルとしても製造可能である。
コンクリートの素材感を生かした意匠性に優れたパネル。幅990の外壁パネルであり、従来の鉄骨造のと違う斬新な意匠性の建物。

事業内容

当社は東京電力グループの中核企業であり、エネルギーサービス事業(発電関連設備の工事・運転・保守)のトップランナーを目指すとともに、環境・エネルギーに関わる事業活動を通じて地域と社会の発展に貢献する企業であります。

当社は火力発電所のLNG地上タンクの防液提内の断熱材の補修工事において、工事材料である不燃の「軽量断熱モルタル」を自社開発しました。
その火力発電所で培った「超軽量断熱モルタル」の技術をさらに発展させ、一般建築分野においてもその技術を利用できる商品を開発しました。
左官材料として超軽量断熱モルタルの「カルダンウォール」「カルダンモルタル」等を販売しております。
超軽量断熱モルタルの「カルダンウォール」は建物の断熱、建物の荷重負担軽減ができ、かつ、燃えにくい建材(不燃材、準不燃材)であり、多くの建物の新築工事、改修工事に使用されています。

この「超軽量断熱モルタル」の素材をコンクリート二次製品用に更なる改良を行い、新商品「カルダン外壁パネル」を開発しました。
「カルダン外壁パネル」は、近日中に国土交通大臣の耐火認定(鉄骨造、非耐力壁、1時間耐火)を取得予定です。この「JAPN SHOP」出展が、「カルダン外壁パネル」の最初の新商品の発表の機会となります。
「カルダン外壁パネル」はALCや押出成形板とは違い、型枠にコンクリート打込んで製造するため、コンクリートの素材感を生かした意匠性の優れたパネルを製造でき、圧縮強度もALCの1.5倍以上の強度を有するパネルです。お客様のオーダーメイドにより、デザイン性の優れた店舗の内装パネルとしても使用できます。

「JAPAN SHOP」への皆様のご来場を、心からお待ちしております。